テヅカクンのこと

eukali

 

テヅカクンは、ずっとそこにいたらしい。

最近、思わぬことで再会した時、テヅカクンはとても気の弱そうな印象だった。

髪の毛ボサボサで賢くて気の良さそうな、だけどまったく冴えない感じ。

 

ちゃんと思い出せば、これまでカチンと何かがぶつかったり、突然カッと熱くなったり、

酸欠みたいにパクパクしてしまう時、

必ずテヅカクンが何食わぬ顔してぼーっとそこに立って見ていた、

その平然とした感じが最初とっても癇に障った。

そのうちテヅカクンがいると私は不幸になる、嫌な目に遭うという回路ができた。

アレルギーみたいに条件反射で、全身全霊で拒否して、

もう!どっか行っちゃってよっ、と心の中で叫んだ。

 

だからずっとテヅカクンのことを封印していた。

テヅカクンのことは、無視だ。

 

 

誰かや何かを無視することは、心の中の殺人です

 

 

と、高校生の頃に習った。

テヅカクンのことは、いつの日からか怖くて絶対に認めちゃいけない存在になって、

こころのなかでサツジンしていた。

 

そして、テヅカクンは居るのに居ない、

 

『 無いもの 』

 

となった。

 

 

 

 

 

 

 

広告