深刻にならない

Mme.U

言葉は大切だなあと常々思っております。

どんな気分や感情で(エネルギーに乗せて)その言葉を届けるか、届けられているか、

ということが、もちろん見るべきポイントなのですが、

受け取った時に、相手のエネルギーを感じているつもりで、

実は意図と全然違ったりして(笑)、

つまり、勝手な思い込み、だったりすることが多々あります。

それで何度も失敗しました(とほほ)。

エネルギーマスターはニュートラルじゃないとね〜

 

 

夜書いたメールや手紙って、翌朝起きてから読むと妙に暗くて重たくなっちゃってる!

 

とミュージシャンの aiko が言っていましたが、

確かにそういう傾向はあるのかも。なぜかな?

 

じっと目を覗き込まれて、ぐっと来るような素敵な言葉を聞かされたりすると、

魔法にかかったみたいになってしまうこともあります。

自分がよくわかっていないことに関して言われたりすると特に。

 

真理の探究をしていると、

やけにロマンティックで、ドラマティックで、美しくて、神秘的で、

書いている人、話している人自身が、酔ったような文章や表現に出会います。

美しいことばには注意しなくちゃ。

大好きなパパジはすごく素敵で暖かい表現をするのですが、

ロマンティックなのとはちょっと違うんです。

 

オモシロいブログを書いている方 がいるのですが、

つい深刻になってしまう時には、こういうのを読んでフフフと笑おう。

真理は、廓然無聖。

 

とか言いながら、さっき車で走っていたら、

前を走るトラックの後部とびらに、

 

ドライバー名

幸喜 悟

 

と書いてありました(笑)

ひとはまさに、自分が見たいものを見ているんですね〜

 

driversatoru

 

 

広告