智慧

owl

ヨガ先生を熱くやっていた頃、

レッスンごとに、プリントを作っていました。

その日のポーズの動きを分解して絵を描いて解説したり、

身体のしくみや呼吸やがもたらす効果を文章にしていました。

頭と身体感覚と、両方で理解して習得するのが、自分が学んだ時にわかりやすかったからです。

身体の感覚だけではつかめないところを、

知識という情報で理解しイメージしてから動かすと、できちゃったりする。

なんとか筋を外側に使って、とか、肩甲骨を寄せて、とか言いながら、確認しながら。

すると「論理があるとわかり易い」と言われて、

やはり大人は、こうだからこうなる、と筋が通っていると納得できる、

分かりながらやるのがいいのだろう、と感じました。

 

私の先生は、肚(はら)をさして、

「昔の人間はこれが  ”  腹筋  ”  なんて知らなかったんだから」とおっしゃって、

あまり細部や情報にとらわれないように、

つまり、アタマでばかりやらないように導いて下さいました。

 

分かる、って快感なんですよね~

あ、わかった!と思えると、落ち着くのです。

実際は身体はついて来ていなくても、できました~!と思ってしまいます。

(とはいえ、束の間なので、やっぱり出来ていないことは後からわかるのですが。)

 

真理の探究も似ていて、タバコ屋のおじさんニサルガダッタ・マハラジのように、

ひたすら先生に言われたことだけやっていたら、そうなっちゃった、

というすばらしい覚者もいますが、

あれやったりこれやったり、量子物理だ、禅のことばだと読んだり、聞いたりしても、

分からないよ~~~~

というのが続くと、ちょっと分かる快感の誘惑にかられることあり。

 

何ごとも科学的、論理的に証明されると納得信用できる、という傾向にありますが、

実はは昔からわかっていることを、現代人は技術や知識や研究で、

ほらねって証明して安心しているのかもしれませんね。

すっきり分かりたい、というその一心で。

太古の昔の人がそんな私たちを見たら、笑っちゃったりしてね。

そんな現代人だから、好きなだけたっぷりお勉強したら、

後は、肚に落とさなきゃね。

智慧、にしなきゃね。

は〜い。

広告