ごく自然なこととして

ichigo

今朝の新聞に、ある県では学校の先生が生徒と個人的にメールなどのやり取りをすることを禁止、

という記事が出ていました。

なぜならば、先生が生徒にわいせつメールを送りつけたり(!)、ドライブに誘ったり(!!)、

いろいろと危なっかしいことが巻き起こってしまったから、らしい。

ちょっと考えたら、それが自分や周囲にどんな体験をもたらすか、想像できそうなのにね。

 

世の中が便利になってツールが増え、表だって見えない世界が多層的になった分、

現実感、危機感、予測力、想像力という人間の能力、本能はだいぶ鈍くなってしまったのでしょう。

たった一つと思っても、投げ込まれた石からは結局、波紋が広がります。

私に娘がいたら(息子もか??)心配で仕方ないかもしれないな。

このニュースを母に通訳したところ、

 

先生自身が成熟していないのね。

きっと自分に不満があるからよね。

 

とおばあさんは言うのでした。

なるほど。

 

最近起きる事件は、単純ではありませんね。

ちょっと想像できないような理由や、理由すら無く、

外にぶつけるように他者を傷つけたり、侵害したりするものが多いのです。

 

人間は、この世界ではどこまでいっても満足しない存在なのでしょう。

物を充分以上に持つことができても、社会的地位や人気や知名度があがっても、

パワーを手に入れて特別な自分になっても、幸せな日々すら、もっともっと。

何かで発散することや、ぽっかり空いた穴を埋めることも、

あるところまでは良いのですが、きっとキリがありません。

いつか、本当に全くつくづく、キリがないなぁと感じるでしょう。

 

ひとは自分自身と向き合うのが一番いやなんだよ、と TV でタモリさんが言っていましたが、

肉体が終わる最後の最後には、誰でももれなく、向き合わざるを得ないとも言われます。

 

悟りとか座禅を組むとか、そんな類いのおはなしじゃなく、

まずは日常に少し静かな時間、

音もなく、誰とも繋がらない時間を持つこと、

ひとりで芸術や自然と対話する時間や本を読む時間を持つことは、

だいじなのではないかなと思います、子どももおとなも。

それは、ひとり手元のゲームの世界やネットの中に入ることとは、全く違うと思います。

人間本来の自然として。

 

 

 

 

広告