すべてのものの向こうに愛を見る

blueglass

プロトマニアの柱である「青空禅フォーラム」ですが、

この週末は広島でも「静かなる心という贈り物」という素敵なタイトルで、

青空禅フォーラム・広島 の2days 伊東先生講座が行われています。

私がこれを書いている今頃は、実践編ワークショップの真っ最中ですね。

 

禅やヨガは相変わらず国内外で人気。

早朝、禅寺で座禅を組んでから出勤するサラリーマンも多いし、

瞑想ワークショップや心を整えるためにはどうしたらよいかが書かれた本など、

次々に出版されています。

海外には、講演会を開けば超人気アーティストのライブコンサート並みの動員数になる

悟りティーチャーもいるそうです。

ちょっとビックリでしょ?

うまくいかない人生の状況をなんとかしたい、という動機と同じくらい、

真実が知りたい、というシンプルな動機で講演会に集まる人々がいるんですって。

 

私たちが生まれてから育つ間に、意識的にも無意識的にも教わったこの世の流儀は、

世界の中にこの身体と心を持った「私」が、個、として存在している、

が基本仕様でしたが、

禅やインド哲学、悟り、非二元、といわれるものでは、

個がポツンと宇宙の中に分離しているのではなく、

本来あるのは、たった一つ、唯一の源(神・存在・本質・真我・愛などなど)である、とされます。

 

そんなこと言ったって、この身体はちゃんと固体的にあって触覚できるし、

どこが幻なんですか〜?

 

と思われるところを、その常識や信念やこの世の流儀をあえて疑ってみて、

一つずつ丁寧にひも解いては検証して、

本来のわたし の位置を知る、という意識のシフトが青空禅です。

それは、宗教ではないし、哲学でもありません。

実は、この目に見えている世界の大いなる多様性をもっとも受け入れられる目の位置、見方、

ではないかと思います。

 

一つの神を崇めるが故に他を排除するすがた、

何かを信じるが故に閉じて守るすがた、

誰かを特別視するが故に他を貶めるすがた、

そうではない丸ごとの世界をどこで誰が見ているのか、ということを知る。

(知る、という言葉は適切ではないかもしれませんが、とりあえず。)

真理を知る本物であれば、境界や分離はありません。

マザーテレサは、イエスへの愛を貫いた人ですが、

臨終のイスラム教徒にはコーランを読んであげ、

ヒンドゥー教徒には火葬の手配をしてあげたそうです。

 

青空禅の場は、壮大に見えるけれど誰にとっても身近であることに触れる場です。

大きくてシンプルな真実を言葉にすることは、

時として誤解したり勘違いしたりする危険もあります。(本当はその人次第なのですが)

現実が苦しかったり、思考や感情が整理されていない時に、これはすべて幻想です、と言ったら、

憤慨するか、それを逃げ道にして開き直ることもできます。

 

伊東先生が語るように、

本質に気付いたとして、それが何の得になるのか?
  何の得にもなりません!(笑)
しかし、損か得かという自我の想念から、自由になります。

 

ということで、これを知ったところで、苦しい時は苦しい、楽しい時は楽しい、だけなのですが、

問題解決やより良くなることのためにエネルギーを使うのに飽き飽きしたら、

この青空禅が扉である平安へどうぞ、と私も思ってコツコツやっています。

 

これが達成目的なのではなくて、これこそが「基本・ベース」で、

これまで通り、絵を売ったり、会社員をしたり、医療に携わったり、カウンセリングをしたり、

お母さんお父さんをしたり、妻や夫をしたり、介護をしたり看病をしたりするのはいかがでしょう。

 

へんな言い方に聴こえるかもしれませんが、もちろん青空禅だけがすべて、ではありませんよ。

このプロトマニアでもご紹介している方たち、

たとえば「青空と雲」の ikegame さんは、

ご自身の体験や伊東先生の会の忘備録として、とてもすっきり素敵なブログを書いていらっしゃる。

ゼロセラピストの坂本範子さんは、

エステティシャンからカウンセリングの勉強や伊東先生の会で学ばれて、

現在は仕事をするお母さん、妻、主婦、女性の立場からご自分の言葉とスタイルで本質を伝えています。

青空禅で伝えている本来の私の位置、「本質」をベースに、

病気の方たちとサポートし合う活動を長年続けていらっしゃる方もいます。

 

そして、自然体でとてもチャーミングな心理カウンセラー溝口あゆかさん

その門下生の方達、そして海外のティーチャーなどなど、多くの先生たちがいらっしゃいます。

真理はひとつだから、皆、一つのことを伝えていますが、

アラカワヨウコにはアラカワヨウコが一番しっくり来る説明や出会いや表現がありました。

ですから、きっとこれを読んで下さったあなたにも、

これなら! という場と機会があるのだと思います。

 

それが、プロトマニアでの青空禅フォーラムだったら! なおさら、良いのにな!!

3月には沖縄でも「青空禅フォーラム沖縄」がありますよ〜

いつかどこかでお会いしましょう♡

 

 

すべてのもの、こと、人の向こう側に、愛を見る。

その平安に寛いでいることは、

見ることも触れることもできない「本質」への道しるべ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告