一者のみ、の想い

goenenene

むかしむかし、私の夢は家庭的なお母さんになることでした。

「大草原のちいさな家」というアメリカのドラマをNHKのテレビで見て、

主人公ローラのお母さん、キャロラインみたいになりたいなって。

しかし、現実とは皮肉なもので真逆にいっちゃいましたね(笑い)。

 

ある時、私の古い友人から電話があって近況を聞くと、

「 失踪しているところ 」 と言います。

彼は、仕事も奥さんも後にして、ひとりで失踪、疾走。

後先のことを考えず、自由を求めてすべてを捨てて。

その時私は、「 このひとはまったく相変わらずだなぁ。いったいどうするつもり??? 」

と心の中で彼を批判的にジャッジしていました。と同時にその大胆さが少しうらやましかった。

そして、ふと思ったのです。

「 私の代わりに、私がやりたいことをやってくれているんだから、まぁいいか 」って。

 

2人の子どもの温かいお母さんだったり、

人のために尽くすゴッドハンドのお医者や研究者だったり、

ひとを柔らかに癒すセラピストだったり、

真理を伝えるお坊さんだったり、

世界を駆け巡り、困難にチャレンジする働く女性だったり、

恋する乙女だったり、天上の音楽を奏でる音楽家だったり …

 

みんながワタシ?

 

ほんの少しの金額ですが、子どもたちのためのプランにずっと寄付をしています。

大きな行動力はないので、できることをしようというささやかな想いで。

今は、バングラデシュの女の子が私のチャイルドです。

大きな瞳がこれからどんな世界を見るのでしょうか。

tanjina

私の友人は、ペルーの子供たちの支援をして10年たったそうです。

10年間続けるということは、簡単ではありません。

彼女は、「 支援してくる人たちがいるから続いただけ 」と言っていました。

そうですね、誰がえらいのでもなく、誰か一人がスーパーマンなのでもありませんね。

でも続けた友人のことを、素敵な人だなと思います。

 

 

伊東先生の青空禅フォーラムも、すでに十数年続いています。

真我・自己の本質を伝えることへの純粋さと情熱は、すばらしい。

その「 場 」のエネルギーをライブで共有する青空禅の魅力は、

やっぱりプロトマニア的に、

とにかく体験してみてね! というしかありません。

今年最後の青空禅は、明日です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告