秋分の日

mipasta

本日は秋分の日。

あっという間に秋ですね。

朝からとっても気持ちよい。

午前中はちょっとだけお仕事の打ち合わせをして、ランチはパスタにしました。

最近は高齢の母に合わせたメニューが身に染み付いて和食中心でしたが、

私はもともと西洋カブレの祖母、父の血をついでいるので、

今日は久しぶりに一番好きなメーカーのパスタを茹でただけで、ご機嫌急上昇♡

 

子どもを育てた女性は、

子育て中は自分の時間なんてないから、珈琲をたった一杯ゆっくり飲めただけでシアワセを感じたわ!

と言っていました。

待ったなしの子ども達ですものね、おかあさんは大変。一杯の珈琲を飲む時間もないくらいに。

おかあさんであり妻であり仕事をしている友人たちを見ていると、手際がよいし、決断は早いし、どこか懐が深い。

もちろんおっちょこちょいで、怒りん坊だったりもするけれど、おかあさん独特の匂いがして、独特の魅力があります。

私は子どもがいないので、母の苦労や歓びがわからないのですが、匂いはわかるんだなぁ、うふふ。

 

身体が老いて行くことって、とても大変なんだと思います。

痛かったり、重かったりすると気持ちも影響を受けますし、思うようにならない苛立ちもあります。

でも皆に平等にそういう時と経験はやって来るし、全員が死を経験するでしょう。

前にも書きましたが、老いる母から見せてもらっていることがいろいろあります。

私たちは時間を信じていて、その決まり事のおかげで世界が出来ているけれど、

母はだんだんと瞬間、瞬間になってきていて、ほんの数分前のことをみごとに忘れていたりします。

忘れる、というより、全くない。

そして時々私は、これが真実かも、と思います。

私が思う、ちょっと前のこと、は真っ白けで何もないんです。

 

朝の空がきれいだなぁと言うわたし。

空を見て、「空だ」と思うのはそれが「ソラ」という名前と教えられ、言葉を覚えたから。

過去に教わった考え方を覚えていてそう言っている。

でも、本当の意味でそのものを見ていない。空だと思って見ているだけ。

記憶と概念でできている時間の世界。

なんだか不思議な気がします。

 

 

広告