プロトマニア流に

breadespresso

実を言うと私、これまであまりワークショップやレクチャーなどに参加したことがありません。

ですからプロトマニアにお手本スタイルはありません。

寺子屋のイメージで知、身体、美 などから本質に触れる時間と場を作ろうと思った時から、

自分を見回し、そこにあるものや繋がるものを総動員して発進し、やりながら考えたり修正したりしています。

良き友たちからの愛の鞭(笑)で、一般的にはこう感じる、これは当たり前で必須、ここは押さえること、とかとか…

私ひとりでは気づかないところに叱咤激励をもらいながら、足したり引いたり考えて感じてやっています。

ありがとう、トモダチ。

 

 

プロトマニアの「らしさのベース」にあるのは、私が画廊で仕事をしながら身につけた、

 

見て盗む、目配り気配り精神

 

のつもりです。それにはちょとだけ自信があります。

ヨガを学んだおかげもあります。

マニュアルはないけど、身に付いたこと、ホスピタリティーは私の好きなことで、できること。

あとは先生たちの、プロフェッショナルな情熱の世界、です。

 

 

体重が2キロ増えて馬力が出て実感したことは、 (2キロってお米の小さな袋と同じくらい重いのよ!汗)

 

何はなくとも、やっぱり元気なのがいちばん♡

 

 

プロトマニアに来て下さった方たちに、

 

なんとなく元気になったなぁ

あぁ、オモシロかった

疲れていたけど、思い切って行ってよかったな

 

と感じていただけたら大成功。

 

 

目に見えないことはわかりにくいけれど、敏感とか鈍いとかではなく、人は実感する力があります。

すぐに実感できること、しばらくして実感すること、いろいろタイプはあるし、それと気づかないでいることも多いのです。

数字やかたちはなくても、確かにある実感。

感じるってことはすごいですね。本当に感じる時に思考はありません。

プロトマニアで私は、そんな「感じる」をせっせと育んで慈しんでいきたいなぁ。

 

 

 

 

 

広告