wonderful

enter

8月も半ばを過ぎると、青空は少しずつ秋の気配を含んで来ますね。

どんなに大人になっても、夏休みは嬉しくて解放されます。

朝寝坊とか、早起きの朝の匂いとか、手帳が真っ白な一日とか、セミの声とか、夕暮れの光とか…

 

世界では次々に事件や災害が起きていて、

人間の心が荒れている様子とか、

自然が悲鳴を上げている様子とか、

映し出される世界は大きくうねったり、急に静まったり。

 

自分も何かしなくちゃ、と思って今すぐにできることは、身の回りに優しく穏やかにすること。

テンションが緩んだ自分から世界を眺めてみると、ほんの身近なすぐそばに、

美しいものや、思わず微笑んでしまう風景や、小さな生命がいきいきとそこに在って、

瞬間瞬間が尊くて wonderful なのでした。

 

なんだそんなこと、と思わずに、

すぐそばにいる誰かに、野良猫とか、おとなりの花屋のおじいちゃんとかに、

ちょこっとニッコリ優しくしてみようっと。

 

 

広告