Tokyo♡

tokyostaion

 

街のあちこちで夏休みの光景。

駅は、家族連れやトランクをゴロゴロ引っ張る人たちが行き交います。

 

北も南も帰る故郷の地がある友人たちと話していて、

その土地の素晴らしさ、自然の美しさ、ゆったりした時間の流れや空気の美味しさ、

人の温かさや性質について聴くたびに、いいなぁと少なからず羨ましく思ったものですが、

今日は都心を歩きながら、東京は美しいと感じました。

 

普段は街に人が溢れてセカセカバリバリ歩き、沸騰したようなエネルギーが渦巻き、

最近は特に、人と人の間に無関心と過剰反応という両極振幅の激しさ、殺伐としたうねりみたいなものを感じて、

やだやだアブナイ東京…と思っていましたが、本当は、東京は相変わらずのままなんですよね。

 

東京という場は、多種雑多なもの、聖俗、善悪、矛盾も何もかもを抱え込める場なんだと思います。

異質なものを排除する働きがある一方で、ごちゃ混ぜを許し、隠れ場所を作り、許容する、

それが大都市の性質だからでしょうね。

 

大自然の美しさや圧倒的な姿にはもちろん及びませんが、

東京のあちこちにここだからこその良さや味わいを見出したり、

ここだからこその密やかな美しさを発見するのは楽しいものです。

 

もともと愛校精神、愛社精神、愛国精神、がちょびっと薄い方なので、

わがまち♡トウキョー、 と思うことはほぼないのですが、

旅行から帰って来た帰り道に東京タワーが見えると、

やっぱりホッとするわ〜、なんて思っちゃっていますね。

 

今夜は東京の空にもまんまるのお月様が真っ白く光っています。

 

 

広告