ただ流れ去る

pietrasanta

記憶は脳がねつ造したりするから、不確かなものです。

いつのまにか脚色されて、真実から離れていく。

変形した記憶とて、それはひとつの真実なのかもしれません。

一枚の絵ハガキや、朝の匂い、甘いジャムを一口食べた瞬間、

急に甦る、そしてあっという間に過ぎて消える記憶。

ただ流れ去る。

 

ばいばい、記憶。

 

 

 

 

 

広告