芸術は本質へ戻る通路

 

nightdriving

プレザンス より

 

言い換えるなら、芸術の目的は、分離した内側にある自己の中心に横たわる傷、つまり、

私たちは断片であり、分離した内側にあり、体に閉じ込められ、

見ず知らずの敵対的な世界と断続的に散発的にやりとりをし、無力さ、迷い、怖れを感じ、

そして死ぬことを運命づけられているのだという、この信念と感情を癒すことにあります。

 

それはつまり、体験的なやり方で私たち本来の状態、私たちはすべてと親密にひとつであることを知り、

感じている自然な状態に還ることです。さらに言うなら、ひとつになるための分離した内側にある自己は存在せず、

独立した対象物、他者、世界もないということを体験的に明らかにすることです。

そこにはひとつの、つなぎ目のない親密な全体があって、それは常に動き、変化し、けれどいつも同じでここにあり、

体、心(マインド)、世界のあらゆる体験という形をとりながら、いつでもそれ自体であるのです。

 

画家セザンヌは、「世界の生における一瞬が過ぎていく。その瞬間の真実を描き、すべてを忘れる。

その瞬間になり、敏感な受け皿になる。見ているもののイメージを与えるため、それまでに起こったことすべてを忘れる」

と言いました。

 

その瞬間になり、その瞬間として、瞬間から瞬間への体験の全体としての自己を知り、

その瞬間とすべての瞬間の要素としての自己を知り、芸術家として「イメージを与える」こと。

つまり、この理解を運ぶ何か、運ぶだけでなく伝え届ける何か、慣例的な二元的視点を通り抜け、溶かし、

この体験的な理解を喚起する力を秘めた何かをつくること。

セザンヌは、形はないけれど常にここにある体験の現実を、ぎりぎりのところで形としてすくい上げた作品を残しました。

それは、パルメニデス、ルーミー、クリシュナメノンなどが言葉であらわしたものと同じです。

 

芸術家のやり方は、知覚を通じてのものであり、哲学者は思考を通じて、帰依者は愛を通じて同じことをします。

 

~~

芸術は、私たちの文化に根づいている不定愁訴、つまり、孤独、絶望、分離の感覚、そして愛への渇望を癒してくれます。

私たちは芸術作品をただ見るのではなく、それに参加するのです。

芸術の本質とは、私たちが拒絶した世界、他なるものであり、分離し、

生命を失った物質でできていると見なした世界を、近くに、親密なものとして取り戻し、

私たちの自己がそれとひとつであると知ることです。

 

 

「プレザンス 安らぎと幸福の技術」第1巻  ルパート・スパイラ著 より抜粋

 

広告