ねこ

1000000

佐野洋子さんの「100万回生きたねこ」、読んだことありますか?

1977年に出版された絵本です。

 

いろいろな飼い主のところに生まれては死んで、生まれ変わること100万回。

それぞれの飼い主はねこが死ぬと大声で泣きました、でもねこは一度もけっして泣きませんでした。

ある時ねこは、誰の猫でもない野良猫に生まれ変わり、100万回生きたことを自慢しました。

めす猫たちが手を変え品を変え、このねこのおよめさんになりたがるのですが、

ねこは「100万回も生きたんだぜ、いまさらおっかしくて」と誰のことも相手にしません。

でもたった一匹、白いめす猫にだけは違っていました。

ねこは白猫が大好きになって、ずっとそばで生きていたいと初めて思い、

やがて仔猫たちが生まれて仲良く暮らし年をとりました。そしてある日、白猫は動かなくなっていました。

そこでねこは、はじめて100万回泣きました。

そして、ねこは動かなくなって、二度と生まれ変わることはありませんでした。

 

と、そういうおはなしです。

テーマは何?  と読み継がれて来た絵本。

愛されるより愛することが大切とか、他者を愛して初めて歓びや悲しみを知る、とか…?

 

佐野洋子さんは、そんなテーマで描いていたのかなぁ…

何事もこうあってほしいイメージとか、こうあるべきイメージ、に結びつけてしまいがちなのですが、

実は混沌としていて分からなくて、でもある意味ものすごくシンプルなのかもしれませんね。

 

私は単純に、この絵本のねこの悪そうな顔が好きなのです。

 

 

広告