真理と自由と神と愛と真我と本質と青空をめぐるドラマ

skyyks

なぜそんな言葉を使い始めたのか、どこで耳にしたのか『  真理の探求 』を若い頃に始めた私は、

いろいろなことを頭の中で考えました。

考えるのは良いことだ、と当時は思っていて、何でもバリバリ考えていました。

親しい友人には、ないアタマで考えるな!と言われましたが、

自分が感じる感覚より考えた方が確かな気がして、ふと感じることを即思考で置き換えていました。

今なら、うへっ、うざったい!というタイプのオネエチャンだったと思います。赤面。

 

それがいつの日からか「真理の探究」となり、

結局、考えてもどうしようもない、何も解決しない、堂々巡り、ただ苦しいだけ。

考えてもムダ、こりゃダメだ、という結論になるのですが、

何をしても最終的には自分が考え、感じているのだから、

私はこの肉体の中に閉じ込められていて、「私自身」からは逃れられない、

ここからしか世界を見ることはできないんだ、と思っていました。

あぁ、なんて不自由なんだろう!!! と。

 

でも、アートやいろいろな試行錯誤の末に知ったのは、私は肉体でもこころでも魂でもない、というものでした。

それはこれまでもいろいろな人が言ったり、書いたりしてきたことですが、

私には私のタイミングで、その智慧との出会いがあったのです。

それが、禅の教えであり、クリシュナ・ムルティやラマナ・マハルシ、パパジ、ガンガジなどの覚者であり、

それを実感したい欲望にかられての実践編、青空禅フォーラムであったりします。

インターネットは情報を集めるにはとても便利なツールで、このブログと同じ wordpress で偶然知った、

溝口あゆかさんという方のブログも、晴天のようにそれに関して言葉でわかりやすく伝えています。

( 真実は、すべてはジョーク?2012.7.4    がっつり目覚めトーク 2013.2.21 など )

あちこちから見てみると、真理は特別な人たちだけが知るものではなく、選ばれた人のためにあるのでもなく、

もっとずっとリラックスしたものだということがよくわかりました。

それはわたしの深いところにあった緊張を緩めてくれました。

 

プロトマニアでは、本質とは何か?という言い方をしていますが、

本質でも真理でも、神、愛、真我、青空 … どんな言葉でもよいのです。

これらの言葉が指し示すすべての源に出会えば、まずは知識だけでもそれに出会えば、

この現実の受け止め方にゆとりが生まれて、少し気楽になれるのではないかと思います。

そして毎日のバランスをうまく取れるようになるのではないかと思います。

 

私はわかっちゃったひとではないので、ここで書くことは途中の備忘録であり、

その時の私のベスト、つまり限界でもあります。

最近、仕事中や日々の暮らしの中で、源に繋がるごっこをしています(笑)

これまでの、ちからいっぱい真剣なわたし、から、こうさんしてしまおう、にシフトチェンジして。

 

もし、悟りや目覚めや真理ということに興味があるという方は、青空禅フォーラムをぜひのぞいてみて下さいね。

いつでもドアを開いてお待ちしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告

私は在る

heartcloud

質問者:  私は二十年以上も形而上学に興味を抱いて来ました。

しかし多くの人たちが宣言するような新奇な体験を得たことがありません。

私には透視能力や透聴能力もありません。

ただこの身体の中に閉じ込められているだけのように感じるのです。

 

マハルシ: それでいいのです。真理はただ一つ。それが真我です。

それ以外のすべても真我であり、真我によって真我の中に現れる単なる現象でしかないからです。

見る者、見られる対象、視野はみな真我でしかありません。真我を離れて、見たり聞いたりすることのできる人が

いるでしょうか? 近くにいる人を見聞きすることと遥か彼方にいる人を見聞きすることとの間にどんな違いがある

というのでしょう? どちらの場合も見る器官と聞く器官が必要ですし、心も必要となります。

どちらの場合もそれらなしでは不可能であり、どちらの場合もそれらの器官を必要とするのです。

だとすれば、なぜ透視能力や透聴能力に魅了されなければならないのでしょうか?

そのうえ、獲得されたものはやがては失われてしまいます。それを永久に保つことなどできないのです。

永久的なものはただ実在だけであり、それが真我です。

あなたは「私は在る」(I AM)、「私は行く」(I am going)、「私は話す」(I am speaking)、

「私は働く」(I am working)などと言います。それらすべての中にある「私は在る」(I AM )に

ハイフンをつけてみなさい。そうすれば「私―在る」( I – AM)となります。

それが永久的かつ基本的な実在です。

この真理は神によって「私は私で在るものである」、「静かに在りなさい。そして私は神だと知りなさい」

としてモーゼに説かれました。それゆえ、「私―在る」は神なのです。

あなたはあなたが存在していることを知っています。いかなるときも自分の存在を否定することはできません。

否定するにも、あなたがそこにいなければならないからです。これは心を静かにすることによって理解されます。

心とは個人の外向的な機能です。

もし内側に向かえば、心はやがて静かになり、「私は在る」(I AM )だけになります。

「私は在る」が全真理なのです。

 

 

ラマナ・マハルシとの対話 1938年 より

そこはとても静か

roseinmygarden

Only by Love, only by Loving

can you maintain the sense of Love and Peace.

Then emotions and fear will not dominate you

because you are in Love.

When in Love, only Love sits in your heart

and so fear has no place.

 

You have to Love the Ultimate Truth.

Adoration of  Self, with Wisdom,

will get you Self.

 

Only Adore your Self,

worship and seek your Self,

the rest will be taken care of.

Avoid useless activities and pleasures.

 

Simply Keep Quiet.

 

SRI.H.W.L.POONJA

 

 

私には何もできないのだと諦めが起こった時、

そこはとても静かです。

 

 

Be still

tokyotowerblabo

 

When the mind is quiet, all is Self.

When mind moves the world arises.

So be Still, throw away everything, and be Free.

 

Then, when mind is pure, you will see Self in all Beings.

Give up seeing with the outer eyes

and the Divine eye will open.

 

If thoughts comes, let them come.

If thoughts go, let them go.

No notion of Freedom is Freedom,

no intention of Freedom is Freedom.

 

Understanding is objectification.

Uncover your Self by throwing away understanding.

By trying or by understanding you will not find the Source

because all  questions and answers rise from the ego.

 

Find where the ego rises from and it will disappear.

 

 

 

From ” THIS  – Prose and Poetry of Dancing Emptiness-

SRI H.W. L. POONJA

 

Beauty & Art

happyroseroserose

プロトマニア活動報告。

11日母の日に、竹内裕美さんのホリスティックBeauty Workshop 第二回目をいたしました。

今回は「自分らしく輝く眉メイク」。

眉の形や色で顔の印象がずいぶん変わる、というのはなんとなくはわかっているのですが、

長年の描いているとクセみたいなものがあって、自分の慣れた眉からなかなか飛び出せない。

でも年齢は変わって行くし、お肌の状態も変わります。ちょっとチグハグになっていたりする(汗)。

で、今回は今の自分を客観的にみるチャンスでもありました。

まず、参加者が自分はどんなイメージになりたいのか、を考えます。

例えば、意志をハッキリ持った仕事のできる女性、とか、どんな年代の誰からも話しかけられやすい印象、とか。

そして、今の自分のメイクが他の人からどんな印象で見られているかを参加者全員から聴きます。

それからその今のメイクとなりたい印象に近づくメイクのコツを、プロフェッショナルの竹内さんが一人一人に教えて実際に直して下さる。

自分が思っている自分と、人が受けている自分の印象は案外違っていて、ちょっとビックリ。

竹内さんが直して下さると、ふわあっと輝くように美しくなる参加者を見ていて、

ちょっとしたことでこんな違いがあるんだ!というビックリもありましたが、

この「ちょっとしたこと」を見事に見つけて、自分ひとりでもできるようなアドバイスをして下さるから、プロなわけですね。

今回のワークショップは、面倒がらずに自分と向き合うという意味でも、とても良い時間でした。

動機は、より美しく!でスタートですが、まずの着地は自分再認識のスタートライン。

自分を知るって大切。

BWStakeuchi

 

そして、昨日の日曜日は中尾陽一さんの「これまで誰も教えてくれなかった絵画鑑賞入門講座」第三回目。

今回は印象派の作品のスライドを見ながら、印象派の代表作家についての解説やその時代背景、それぞれの特徴を伺いました。

皆さんは、印象派というとどんな画家を思い浮かべますか?

ルノワール、モネ、シスレー、ピサロ…

同じ画家の作品でも時代によって作風が変わるので、これは私が知っているルノワールではない!ということも多いにあり。

絵が売れないと生活できないから売れそうなのを描くとか、誰かの支援があって描き続けられたとか、

画家にもいろいろ事情があって、現実は厳し〜い。

それでもひとつの時代のスタイルとしての印象派は様々な影響をあちこちに残して次の時代へと繋がっていくのです。

私はモネが言ったという「盲目に生まれたかった」

つまり、とらわれず先入観なしに、たった今目が開いた瞬間、そのままの印象を描きたい、という言葉が印象的でした。

後に登場するセザンヌは「モネは目にすぎない」と言ったそうで、

それはセザンヌにとっての絵画は、見た物を認識して解釈したものを描くことだったからだそうです。

ひとつの絵画作品作品を見ても、5人いれば5人違う見方をしていて、本当に面白い。

それを自由に言い合えるところが中尾流が誘いだす場の自由さであり、私がプロトマニアでやりたかった寺子屋的場の面白さ。

ということで、とにかく理屈抜きに楽しいためになる時間でした。

M.Nakao

 

 

次回の竹内さん講座はただいま計画中。

中尾さんの絵画鑑賞入門講座は 6月15日(日)14時からです。

 

ぜひ一度いらしてみてくださいね!

 

 

 

 

 

 

天真爛漫

ylangylang

 

そこであなたがすべきことは、相手が自分の一部を見せてくれているのだと思い出すことです。

自分は今それを表現していないが、いつでもその可能性があるのだと思い出すことです。

意識をとぎすまして、はじめから終わりまで観察しましょう。

朝起きたとたんに不機嫌な日もあれば、上機嫌の日もあるでしょうが、どちらでもいいことです。

大切なのは、おたがいを観察し合い、自分自身を観察することです。

なぜなら、その結果、人間意識がたえず変化する様子がよくわかるからです。

周りの人間が常に上機嫌であるべきだと考えるのをやめて、人間意識のあらゆる面を受け入れることを学ばなければなりません。

あなたがいつも笑顔でいるわけでもないのに、まわりの人たちがいつも笑顔であることをどうして期待できるのですか。

笑顔のときもあればそうでないときもあるのです。人生の目的は永遠に幸せに暮らすことだという教義にしがみつく人は別として、

どの状態の方が好ましいということはないのです。

 

バーソロミューより

 

少し前にあった出来事ですが、

目の前にやってきた出来事をただそのまま見る、

というのを初めて素直に体験した気がしました。

それはそれは新鮮で、驚きでした。

そこには隠れた意図や罠などないのだ、ということを恐る恐る受け入れました。

怖れの強い私は、知らず知らず、こうであるはずだ、こうあるべきだ、

というフィルターを通して見続けて来た、と芯から気付いた出来事。

 

あまり関係ないかもしれないけれど、

私には変わり者のおばがいて、サウンドオブミュージックのマリアのように天真爛漫で、

私にとっては「サイコー!ブラボー!」な人なのです。

劣等感が強くて自信のない私をまるごとそのまま受け止めて、

 

いいの、いいの、それでいいの。

 

立派な学歴や経歴の人はそれで立派。そうでない人も十分それでよし。

登校拒否も勉強できないも、それでいいのだ、とむかしから言っていました。

ちょっと変わった職業、例えば芸術家や建築家の親を持つ子どもたちはみんな苦労していて(苦笑)、

凸凹でこの世の流儀にどこか馴染めなくて戸惑っているのですが、このおばのまわりにはそういう子どもが集まる。

健康で生きているだけで十分だ、くらいの勢いで受け止めてくれるので、束の間ほっとできるのです。

純情で透明なおばは、深刻なところが全然なくて喜怒哀楽もそのまんま。

私はそんなおばを見て、神さまみたいだと思ったものです。

ほんとうに神さまかもしれない、よね。

 

内面にすでにあるものが、世界に映し出されているだけ。

 

 

 

 

「私」を正しく扱う

 

shadow

仏の 〈 道 〉 において修業するとは、あなた自身の「私」を正しく扱う修業をすることに他ならない。

あなた自身の「私」を正しく扱う修業とは、あなた自身の「私」を忘れることに他ならない。

あなた自身の「私」を忘れることとは、「外部」の物にあなたが照らされることを意味する。

物に照らされるということは、あなた自身の(いわゆる)自我と、

他の物の(いわゆる)自我との間の区別を抹消することを意味する。

 

道元禅師 「正法眼蔵」より

 

myheart

 

白か黒か、勝つか負けるか、というものごとの直線的なとらえ方は、この世界のマジョリティ。

でも、実は本当の摂理にはかなっていないのだ。

 

得たり失ったりするのは、

ギッタンバッコンのシーソーではなく、

円の動きの中の一場面。

そんな風にとらえると、とてもエレガントです。

良いも悪いもすべてを体験するのが必然、元来そういうものなのです。

 

 

「  今も、今までも、そしてこれからも、間違いなどひとつもない。 」

 

 

という言葉を、先日の青空禅フォーラムで伊東充隆先生から伺いました。

 

明日は仏陀の降誕祭、花祭りで満月。

私は無宗教ですが、この世の真理を知りたいという雲をつかむようなことに対する欲望を持ってしまったので、

今ここにこうしてブログを書いています。

地球上にはきっと「百人百様の内面への旅」をしている人々がいるでしょう。

私もその一場面にいて、言葉では伝えられない智慧を少しずつ学んでいます。

 

 

つづける

roserosa

 

時として人生には、レンガで頭を殴られるようなひどいことも起きます。

しかし、信念を投げ出してはいけません。

私が続けられた理由はただ一つ、

自分のやっている仕事が好きだったということです。

 

スティーブ・ジョブス

 

これはスタンフォード大学の卒業式でのスティーブ・ジョブスによるスピーチの一部です。

 

仕事でも何でもそれは同じ、ですよね。

今、何かが見つかっていなくても、焦ることはありません。

焦らず、慌てず、でも怠けずに。

そして、レンガで殴られたみたいにひどいことがあっても、

ひと休みしたらまた始めてみよう。

諦めないでもう一度最初から。