5月のプロトマニア

lila1

昨日は、宋海君先生の気功養生特別講座でした。

この講座では、季節に応じた食べ物の摂り方、からだと自然の関係、そして気功の実践をしています。

宋先生は穏やかでチャーミング、大変すばらしい気功の先生です。

いつもユーモアたっぷりに、いろいろな比喩を使って私たちにも分かりやすくお話をして下さいます。

そしてなにより、『 目には見えねどそこにある、気  』 を体感させて下さるのです。

毎回、講座終了後の皆さんは、顔色の透明感がぐんとアップして、ちょっとした驚きと明るさまとってお帰りになります。

人間も植物も宇宙もすべては同じエネルギーに生かされているんですよね。

 

こんな風にプロトマニアでは、さまざまな角度から人間って何だろう、を考えたり感じたりして頂ける時間を作ろうとしています。

プロトマニアの存在認知度はまったく低い(笑)ので、毎回少人数の寺子屋授業ですが、それはそれで楽しい。

でも、もしなにかピピンと来たら、どの講座でもお気軽にぜひ参加してみてくださいね。

そして、面白かったなとか気持ちよかったな、という実感があったら、

ぜひお友達もお誘い合わせの上プロトマニアへ、再びいらしてください。

プロトマニアは、

『  ここでは、おとなの男の子、おとなの女の子 』になれる自由な空間です。

 

さて、5月は

 

5月10日(土) 伊東充隆先生の「青空禅フォーラム」  14時から16時

5月11日(日) 竹内裕美さんの「ホリスティック Beauty Work – 自分らしく輝く眉メイク 」  14時から16時30分

5月18日(日) 中尾陽一さんの「これまで誰も教えてくれなかった 絵画鑑賞入門講座」 14時から16時30分

 

です。

いずれもただいま参加者募集中です。

爽やかな季節、プロトマニアで、知的、感覚的、美的、空的(!)時間をぜひご一緒に。

 

 

 

 

 

あるだけでよいのだ

mokumokuo

 

りんごを ひとつ

ここに おくと

 

りんごの

この 大きさは

この りんごだけで

いっぱいだ

 

りんごが ひとつ

ここに ある

ほかには

なんにも ない

 

ああ ここで

あることと

ないことが

まぶしいように

ぴったりだ

 

まど・みちお

 

 

この道

singa

仕事でおつきあいのある陶芸家の個展に行って来ました。

しばしギャラリーを抜け出してお茶を飲みながらおしゃべりして来たのですが、

才能の話になった時に、こんなことを話してくれました。

 

才能ってさ、やりたいことをやり続けることも才能なんだよね。

キラキラしている才能はほんの一部の人のもので、それはすごいことだけど、

これが好きなんだ、これしかないって、やり続ける才能の方が大事かもしれないよ。

 

私も若い頃に悩んだり迷った時、続けた者勝ちだよ、と言われたことがあります。

人からはやせ我慢に見えても、自分がこだわるところにはとことんこだわって妥協せず、

阿呆だと思われてもそれをやり続ける。ぶきっちょな生き方だけど、飽きずに続けて行く。

そんな姿を見て、応援者が現れる。

周りからのサポートを得られるのだって、才能のひとつです。

食べて行くことは基本。そこで自身は何を最優先にするのか。

まずは飛び込んで徹してやってみないと始まらない。

 

どんな人もどんな仕事も、食べていくのは大変なのだ。

それでも、これしかないと飽きることなく続けて行けることに出会ったことは、

実に幸運ではありませんか。

 

 

あまりにもすぐ近くにあって

cream

わたしたちが話す言葉や概念は生まれたり消えたりする有限の物にすぎません。

わたしにできることはただひとつ、方向を示すことだけです。

言葉や概念はどんなにすばらしくても、< あなたが求めているもの > ではありません。

形ある物は < 何か > の中で生まれたり消えたりします。あなたはこの < 何か > に気づいていませんか。

たえず変化しつづけるあなたの人生ドラマも < あなたが求めているもの > ではありません。

変化することができるものは < あなたが求めているもの > ではありません。

< あなたが求めているもの > はあまりにすぐ近くにあって、いつもそこにあり、あまりに広大無辺なので、

あなたはつい見逃してしまうのです。

 

 

バーソロミューより抜粋

 

 

大いなる道

shinshinmei

 

もし一なる眼が眠らなければ、

一切の夢は自ずから止む。

心が分別をしなければ、

存在は一なるものとして、あるがままに在る。

 

この深遠な神秘を体得すれば、

すべての混乱、因果から解きほどかれる。

森羅万象、一切が等しく見られれば、

あるがままの自然の姿に帰りつく。

 

この因果も関係性もない所では、

比較も比喩も不可能だ。

動の中に静を見て、静の中に動を見なさい。

そうすれば、動も静も共に消え去る。

 

二元性が存在しなければ、

一なるものも留まり得ない。

この究極の境地には、

どんな法則も描写も当てはまらない。

 

道に遊ぶ、一つになった心には、

自己中心の思惑もなければ努力もない。

疑いも恐れも消え、

大いなる道を信頼して生きるのだ。

 

 

信心銘より抜粋

 

 

魔法のくすり

chocolayoco

珈琲とチョコレートがあればシアワセ、という私に朗報。

 

チョコレートは、

 

血圧を下げる

抗酸化作用がある

整腸作用がある

 

などなどの健康に良い発酵食品!だったのです。

救急医療の現場でも活躍しているらしい。

 

 

私のバッグにの中には、密かにいつでもチョコレートが入っています。

どこで遭難してもだいじょうぶ。

 

チョコレートは魔法のくすりです。

ご機嫌は直るし、仲直りもできるし、目も覚める。

これからの暑い季節の持ち歩きは、ちょっと気を付けなければいけませんが、

これからは堂々と甘いチョコレートを食べましょう。

 

 

GIFT

biwa

小さな子どもの頃、幼馴染みと一緒に冒険に出かけようということになりました。

隣の駅まで電車に乗ろうよ、という彼。

最後の最後でどうしても怖くなった私は、ひとりで走って家に帰ってしまいました。

 

今でも仲良しのその幼馴染みは、みんなで夜遊びに行くよ!ということになっても、

私のことは「この人は絶対行かないよ」と意気地なしをからかうのですが、

意気地なしでも、何度も何度もトライして、

もういよいよダメだ、自分には出来ない、越えられない、と諦めようかという時、

背水の陣を引け!と指令が下ってもまだへっぴり腰でいながら、

その自分を泣きそうになりながらただただじっと見ていたら、

意図せず越えられることもあるのです。

何がどう違うかはひとには見えなくても。

 

贈り物は、忘れた頃に届くのかもしれません。