食べることは細部につながる!?

koji

私は食いしん坊。

先日、結構な分量の糀が手元に届きました。

塩糀を作ってもまだまだ余る量で、甘酒を作るのは面白そうだったのですが、これは今の私にはなかなか手間がかかりそう。

そんなことを話したら、友人が甘酒を作ってみると言ってくれました。

彼女はなんでも手際良くて器用なひとなので、それではぜひと糀を引き取ってもらったのです。

そしてその糀が甘酒になって帰って来た!

その味のやさしいこと!!

市販の甘酒とは全然違います。柔らかくてふわっと糀の香りがして、生きているみたい。

甘酒は飲む点滴とも言われるらしく、からだには本当に良いんですって。

友人は、電子炊飯器を使って甘酒を作ってくれたのです。

何でも手作りはおいしい。元気になります。

お味噌もお沢庵も梅干しも甘酒も、自家製を作っている方はけっこういらっしゃるでしょう。

 

食べ物が身体を作っている、ということは当たり前のようですがそのものズバリ、本当のこと。

当たり前すぎて意識せずにおろそかにしちゃいますが、食べることに纏わることはいろいろな意味で基本だと思います。

そして、一見、無関係なようなことにも応用できる大切なことを教えてくれる。

 

私はチョコレートは魔法の薬だと信じていて、気分と発想と身体の不調にはいつでもチョコレート。

カカオマス80%のチョコレートのかけらを口に含むと、溶けたカカオマスが口の粘膜から沁み込んで行く感じがします。

胃袋だけじゃなく、あちこちで吸収しているのだ、おそらく … イメージ的には。

細胞は、切っても切っても金太郎!

真実は細部に宿る!

 

でもね、食べることって、こうあるべき、や、こうでなくてはだめ、ということではなく、

揺れ幅をたっぷりとって、楽しまなくちゃ。

生命は悠然としていて、多少の凸凹は全部受け止めてくれますから。

 

 

広告