それは思い込みか?

ballmouse

仏像ならぬ神像。

日本の神様像は素朴で親しみやすいものが多いですね。

平安時代の神像は、ふつうの人間のかたち。

しもぶくれのお多福さんみたいな女性の神像もあれば、その辺にいそうなおじさんの男神像もあります。

それが当時の神様像だったのか…と思うと、

神様とはそういうものでそれを当時の人は知っていたのかも。

 

私たちは放っておくと、たいていの場合は  ”  思い込み  ”  から始めます。

自分が知っている(と思っている)ことを前提に物事をジャッジしたり、スタートするけれど、

そうすると時として大きく方向を間違ってしまったりします。

誰かさんが化学兵器を作っていないわけはない、という前提で大きな国が動き出し、

ふたを開けたら実はそうではなかった、ってなこともあって、

失敗した国の人は、「当時の我々には想像力がなかった」、なんてコメントを堂々と述べていたりします。

 

自分が考えつくことだけで物事を見るよりも、

いやまてよ、と疑ってみたり、前提を変えて見てみるというのは、

いつの間にか思い込んでしまっていることに気づけて、広がりがあります。

 

 

たとえば神様について、そういうものってどういうもの? という方は、

青空禅フォーラムでお話を聴くとそれがわかるかも。

 

広告