本も絵も

giving tree

海外の著者の本は、翻訳者によってニュアンスが変わります。

だいぶ意訳だなと思われる時もあるけれど、それはそれでよかったりもする。

言葉や表現から何を受け取るか、本当には、受け取る側に委ねられているものかもしれませんね。

何かまるでその本が生きているように感じるほど、違った印象を受けることもあります。

 

何度も何度も読み返して、その時の自分が何をそこから受け、感じ取り、汲み上げ、揺さぶられるか。

絵を見るのも同じ。

そして、どれもこれも、何がどうでも、それでそのままよい。

みんなおなじなんだな。

そんな風に本や絵を味わえるのはシアワセだな。

 

 

 

 

 

広告