委ねる

teratera

 

このところ寒い日が続いていますが、

東京の夜空でも、星や月がすばらしく美しいですね。

 

若い頃、夕暮れ時が苦手でした。

あの光の色や空気感がなんとも寂しく、切ないような、苦しいような。

自分の存在があるのかないのか、消えてなくなりそうな不安感。

そんなことを話すと、年上のひとには「若いわねぇ」と笑われました。

今はすっかり大きく(笑)なって、

夕暮れの光の美しさから逃げたりせずに、穏やかな静けさを味わうことができるようになりました。

 

冬の夜空はたくさんの記憶を纏っているらしく、キーンと冷たい空気の中で見上げていると、

とりとめもなく、とんでもない思い出の場面が浮かび上がって、ひとり苦笑。

自分の意志とは無関係に差し込まれるシーンに、

まったくまったくお手上げです。

 

広告