癒しはどこにあるのか?

bonjour tt

旧友たちと新年会。

ある友だちが言うには、

 

「癒して、癒して! 私の話を聴いて聴いて!」という状態のうちは、人は根本的に癒されない。

癒しは、その人が   他者の話を聴けて  初めて起こるものだ。

 

この「他者の話を聴ける」、というところは含蓄があると思います。

当たり前のようなのですが、本人の主体性がなければ何も変わらないので、まず主体性を喚起する必要がある。

癒しは実は、つねに自分のなかにあるということ。

彼女は頼って来た人の肩を抱いて癒すようなことはしません。

「私は厳しい」と冷静に言う。

しかし芯が優しいのです。

真剣に責任を持って人と関わるならば、厳しさは本当の意味での優しさでもあると思います。

 

ひとには、藁にもすがりたい時があるものですが、

不思議とそんな時にはサポートしてくれる人や事が現れて、しばらくの間、支えになってくれます。

でもこちらがいつまでもすがっていると、ある時点ですぅっと自然に離れていくことがあります。

そんな時は、乗り越える力が湧いて来ている時。

そうしたらあとは一人で大丈夫、ただやるのみ。

 

動物たちの巣立ち、みたいですね。

 

 

 

広告