やるかやらないか

kage

 

私たちはいろいろな知識や知恵を本やひとから聴いたり見たりして学びます。

聴いたり読んで、すぐにわかったような気持ちになってワクワクしたり高揚するけれど、

怠け者の私たちはしばしばその場限りで満足してしまったりもします。

たとえば病気のことだってお医者任せにしたり、薬任せにしたり。

分かり易くすぐに結果が出れば、すごい!と納得するけれど、

なかなか目に見える進展がなかったり感じられないと、疑ったり訝ったりしてしまいます。

 

でも、本当は教わったことは実践してこそ実感できて身に付くもの。

ただただ、自分次第なのだと思います。

 

なかなかわからないからこそ、面白くて、

なかなか結果が出なくてもどかしいからこそ、もうあとちょっとだけやってみようと思える。

時にはほっぽり出したり、忘れてしまったりするけれど、また戻って、本気になれば続けられる。

ささやかなことでも実際にやるかやらないか、その違いは大きい。

 

ぶきっちょで上手でなくても地味でもいいから、コツコツ自分のペースでやっていく。

せっかくもらったチャンスや時間を活かすのは、自分次第なのだなと思いました。

 

 

 

広告