たえず努力する

blooming

本棚に並んだたくさんの本の背表紙を見て、

あぁ、あの人もこうして格闘したんだろうな、と思った。

 

哲学は回り道だと簡単にいうけれど、

ひとにはひとのアプローチの仕方があり、

それはそれぞれのために千差万別に用意され、誰にもその是非を言うことはできない。

やってみた人本人にしかそれが正しい道か、違っているかはわからないし、自ら選べない。

その人がそれでつかんだものを誰も知らない。

ただ真摯にそれに向かうかどうか、できることはそれだけ。

それで十分ではないか。

 

 

二人の人間がおたがいの本質を見ようと

たえず努力することは、

真の友情のあかしです。

バーソロミュー

 

広告