思想のくせ

zenzen

先週末、東京禅センターの「 科学と仏教の接点 」というシリーズ講演会へ行きました。

以前このブログに書いたことがありますが、仏教学者の佐々木閑先生がコーディネーターで、

物理学者やお医者や科学の世界の著名な方と、仏教界の先生方との対談シリーズです。

今回は惑星物理学者の松井孝典さんがお話しをされました。

普段あまり聴かないお話の内容なので、あちこち刺激されながら今回も充実の3時間でした。

 

その中で、富永仲基という江戸時代の思想家の名前が出て来たので、

家に帰ってから検索してみるといろいろと出て来ました。

ちょっと面白かったのはウィキペディアの解説の中に、

 

また、思想に現れる民族性を「くせ」とよんでこれに着目。

インドは空想的・神秘的、中国は修辞的で誇張する、日本は隠すくせがある、と述べて、

それぞれの文化を相対化し比較観察したことは、文化人類学的発想の先取りと指摘されている。

 

と書いてあった。

 

なんとなく、ぷふふ。

加藤周一著「三題噺」にも出てくるらしいので、これから読んでみようかな。

こんなブログも見つけました。

 

いやはや今も昔も世界には搭載エンジンがF1みたいな天才やら秀才やらがいるものだ、

とあらためて凡人な私は知らないことだらけを痛感した次第。

 

広告