mie

私は「 だめです。 」 と言われるのがどうも苦手です。

この 「 駄目 」 という音がダメなんですね。

駄目というのは囲碁用語だそうです。

ダメ! というときの音は、確かに何かを制するのに適しているのかもしれません。

犬のしつけの時に、「 いけない! 」と叱るのですが、

その時は声を低くして怖そうな声で言わなくてはいけないんです。

褒めるときは高い声でやさし~く 「 よくできました ! 」 とやらなくてはいけないんです。

「 だめ 」 は、だ、と、め、が、ちょうどよくバッサリ上から切る感じなのかも。

 

音によって伝わる感情や想いは、いわゆるエネルギーですね。

今日、ある方が話すのを聴いていて巧いなぁと感心しました。

あくまでも抵抗、拒絶する相手に向かって、時に毅然と、時に笑いを交えて伝え説得していくのです。

その変幻自在さは一つ一つのことばに注目するより、その音に注目してしまうほどでした。

それはそれは見事で、あぁこれがエネルギーで相手に伝えるということかと見せてもらった気がしました。

私はベートーベンが好きなのですが、あの音楽を聴いていると無限な空間に浮かんでいるみたい。

タンゴの音楽を聴いていると旋回している感じがします。

音っておもしろい。

 

広告