受容

lila

 もしあなたの行く手に立ち塞がってあなたの人生に影を投げかける人がいたら、何時だって一歩外すことができるということを覚えておこう。
いずれにしろ、道の向こう側のほうが日当たりがいいかもしれない。 その上、石ころだって少ないかもしれない。

 人生は実に多くのことを要求する。  一所懸命努力しても報われることが少ない場合が多い。 大切なことは、希望と力と粘り強さを持つこと。
あなたは自分が感謝されることがあるなんて思ったことがあるだろうか?

 人から傷つけられたら、どうしようか? その人を愛しているならやさしくするようにしよう。 そうでなかったら距離をおくようにしよう。

 受容はあなたが状況に対応できるだけに成長したということなのです。

 

「 今日という日は贈りもの 」 ナンシー・ウッド著 より抜粋

 

広告