ソフトアイで見てみれば

tokyott

先日の青空禅フォーラムで、伊東先生が 「 ソフトアイ 」 ということをお話しくださいました。

私たちの内面に広がる純粋意識に気づくための方法その1、として。

 

ソフトアイとは、

普段、私たちが対象を見る時は考えなくてもモノに焦点を合わせて見ている、

それをあえて、

一点集中して見るのではなく、ぼや~と全体を見てごらん

ということ。

 

空間全体をぼんやり見るっていうことですね、

ぼよよ~ん。

私の好きなヨガのポーズ、下を向いた犬のポーズでは、

首の力を抜いて、頭もぶらぶら~、目 の 奥 の 緊 張 も ゆ る め ま し ょ う ~

とやるのですが、あの時の自分の感覚とちょっと似ているな。ふむふむ。

けっこう気持ち良い。

 

ソフトアイ、これをやってみると、

普段、当たり前にものを見る見方と比べることができて、当たり前は実は当たり前でもないなぁと思います。

社会生活を送っていたら、焦点が合っていないとおかしなことになりますが、

こんな機会にちょっと焦点を外すという視点にずれてみたら、どうでしょうか。

 

子どもの頃の空想は、大人になると妄想になる、と友達が言ったけど、

空想なんだか妄想なんだか、現実なんだか夢なんだか、そんなこと本当は誰にもわからないかも。

夢や妄想に賭けてみるのも、これはこれでまたよろし、

… なんて飛躍もちょっとずれて遊べる。

なにごとにもキュウっとならずに、遊び心を大切にしようっと。

 

広告