サトルアロマセラピーワークショップと井田知秋先生のこと

for kokoro

今月28日(土)午後、蓼科から井田知秋先生をお迎えしてアロマセラピーワークショップをいたします。

私は香りがとても好きで、子どもの頃から香水マニアだったのですが(変なこども!)、

香りの効用っていろいろあるんですよね。

 

香りは脳に直結すると言われますが、

これはにおい物質が鼻の細胞にとけ込んで神経を刺激して電気信号を発生させ、

それが脳の深いところ,視床下部などに作用するので自律神経や感情などに影響を与える、というしくみなんだそうです。

アロマセラピーはフランスでは医療行為として認められているし、

日本でも医療現場(終末期医療など)や介護施設などで香りを使ったメンタル&ヘルスケアが始まっているのです。

 

普段の私たちの生活でも、疲れた時、集中したい時、リラックスしたい時、香りに助けられることは多いと思います。

今回の井田先生のワークショップでは、そのエッセンシャルオイルの基本的な使い方や効用のお話から、

オイルを使ったクリーム作りを実際にしてみながら、香りに包まれる午後を過ごす予定。

先生からは、肌のタイプに合わせたオイルのセレクトの仕方をアドバイスしていただいたり、

効用を具体的に、例えば、ネロリはシミ取りにミラクルパワーあり!とか(ミ・ラ・ク・ル・ですよ!!)、

フランキンセンスはシワに良く効くとか(ワタシ!!)、

すぐに試してみたくなるエッセンシャルオイルの力と魅力をお話いただく予定です。

 

井田先生を友人から紹介してもらった時、井田知秋さん、をいだちあきさん、と読んで女性とばかり思っていました。

現れた井田先生は、すらりとした元水泳部の男性でした!

先生がなぜアロマセラピストになったのかはまた別の機会にお話いただくとして、

穏やかで優しい笑顔の先生は、それだけでひとを安心させる空気を纏った方です。

プロトマニアでのアロマセラピーワークショップは、きっとオイルプラスαの効果を感じていただける

ここだからの体験となることと思います。

ご参加お待ちしております。

お申し込みは yoyoa@mac.com までメールでどうぞ。

 

広告