Intouchable, s?

kudannaka1

Intouchables   決して出会わないもの、触れ合わないもの。

または、 intouchable   非の打ちどころのない。

 

DVDでフランス映画の「 Les Intouchables(邦題:最強のふたり)」を観たのですが、

このタイトルのことばからイメージが広がった。

 

相容れない二極のもの( s をつけて複数形で intouchables )が、

非の打ちどころのない( 形容詞 intouchable )に、繋がっている。

 

あくまで私の頭の中での広がりですけれど、なるほどね。ふふふん。

 

ひとは、異質なものに出会うと身構えて恐れ排除しようとする。

または、あ、同じだ!と共通点を見つけ嬉しくなって勝手に安心する。

もしくは、全く正反対なものだから余計にどうしようもなく抗いがたく、気になり魅かれる。

二極を知れば知るほど、味わえば味わうほどに、

世界はあらゆるものが充ち満ちていてこんなにも豊かなのだ、

とわかる。

そこに「 怖れ 」がなければただそれを発見できる…、のにね。

 

現実が変わったり、現実に何かが動いたりすれば、納得しやすい。

圧倒的なスーパーパワーや超・能力は解りやすい。

一方、目に見えないものを信頼するのはある意味、とても難しい。

自分の感覚を頼りに進み、たったひとりでそれを発見する。

それは「わたし」にしかできないこと。

 

広告