櫂をすてなさい

kurayamizaka

探究すべき何かがあるという概念を捨て去りなさい。

 

人の歩いた道に従ってはならない。自分自身の道を歩かなければならない。道なき道を行くのだ。

 

空の中に道はない。どこへ行こうとも、空があなたの後に従う。空があなたを導く。

空はあなたの横に、上に、下にある。空を離れてどこへ行こうというのか?   それ以外のどこに行くというのか?

 

ここからは、あなたの櫂を投げ捨てなさい。櫂を川の中に投げ捨てれば、安全な船旅となるだろう。

質問者: 私は櫂がとても気に入っているのです。

風があるではないか。風があなたの面倒を見るだろう。櫂を使うのはくたびれる。風にまかせなさい。

質問者: 櫂を捨てることを想像すると恐ろしくなります。

今がそのときだ。私が「櫂を捨てなさい」と言うこのときこそ、それをするべきときなのだ。

 

( The Fire of  Freedom    Satsang with Papaji )

 

 

多言多慮

転不相応

 

広告