青空禅フォーラムと伊東先生のこと

k7-1

プロトマニアって何するところなの?と質問を受けたのですが、
プロトマニアは現代版の寺子屋みたいなところです。
誰でも学びたい時に学べたり、話したり、聴いたり、体験できる場にしたいとスタートしました。

では何を学ぶのかというと、
人間の本質とは何か?ということを考えたり、話したり、あちこちからアプローチする、
というのが大きな大きな柱です。
誰でもがこれまで一度は考えたことがあり、日常をしっかり生きていたらおそらく普段は忘れてしまっているけれど、
きっとある日ふとまた、あぁ私っていったい何なのだろう?と思う瞬間があると思うのですよね。
だから、そのことを考えたり触れることで、の生活がどんな風に変わるかをやってみようじゃない?そんなことを大人が大まじめにやろうというのだから深刻にならない遊び心 が大切で  (深刻なのは現実だけで十分ですもの!)、だから心地よい空間 と心地よい体験 を心身共にバランス良く用意していこうと思っています。

前置きが長くなりましたが、今月8月から始まる伊東充隆先生の「青空禅フォーラム」は、

先生がもう15年以上前からそれをテーマに開催していらした講話会です。

ここしばらくお休みされていたのでこの再開は、

「青空禅フォーラム、再び!」

みたいな感じですね。

伊東先生は心療内科やセラピストとしての長年のキャリアから、医学、心理学、禅、そして量子物理学などの知性のエッセンスを使って、

言葉ではなかなか捉え難く、伝えにくいこのテーマについて、丁寧にガイドしてくださいます。

先生の講話では、まずこの世の森羅万象・ものをあらしめている源、本質を 「 青空 」 に例え、

そこで起こる出来事やもの (肉体や心を含めた森羅万象) を 青空に浮かんでは流れていく 「 雲 」 に例えてお話が進みます。

… なるほど物・事は空間の中に在り起こるわけで、たしかに雲は青空に浮かんでいる。  シンプルにイメージできます。

いつも変わらずそこにあるのは、空間であり青空、つまり本質。 それがすべての土台です。

そしてそのことを私たちの日常で起こるあれこれとリンクさせて、こんな風に世界を見たら、今、大変で重いと思っているコトが、

ずいぶん楽で軽やかになるよ、というこの世界の新たな見方へと道案内してくださるのです。

私がいいなと思うのは、先生はこれ以外の見方は間違いである、とか、人間として生まれたからにはこうあるべき、

というような姿勢で皆さんの前に立っているわけではないところです。

あくまでもひとつの提案であり、なにより私たちが自分自身でわかっていくためのサポートなのです。

さて、伊東先生のお話の内容については、ご自身が書いていらっしゃる他サイトのブログでも読むことができるのですが、

私は ” ライブ ” が断然おもしろいと思います。

先生は、会のスタートはだいたい淡々としてクールな感じですが、徐々にエンジンが掛り、最終的にはしばしば 大変、熱く! 語られます。

しかし、「 本当は人前で話すのが大の苦手 」(!) とおっしゃる。

そんな先生ですから、うっかり言い間違えたり、ジョークが滑ってご自身で失笑、なんてこともあり、

テーマは深淵ながら講話は双方向的に和やかです。

そしてあらゆる角度から飛んでくる質問に応える返球は、とにかく鮮やか。

それだけ先生ご自身がいろいろな体験をしていらしたので対応できるのだと思います。

質問した人のこんがらがった結び目がどこにあるかを注意深く聴き取って、その人に一番わかりやすい表現を丁寧に探し、

応えていく過程は、聴いている私たちにも大変良い気づきになります。

これまで青空禅フォーラムに参加したことのある方たちには、いつでも立ち戻り、深める土台として、

これから参加して下さる方たちには、新たな世界観への土台として、

青空禅フォーラム   伊東充隆先生  LIVE   in   PROTOMANIA !

大いにまじめに、あっと驚くこの世界の見方を体験してくださいね。

詳しくは、「青空禅フォーラムのお知らせ」からご覧ください。 お申込み、お待ちしております。

広告