誠実

tobiiro

あの人は誠実だとか、このことに対しては誠実だとか言いますが、

誠実ってなんだろう?

 

嘘偽りがなく、物事や人に対するのに真心があること、と辞書にはありますが、

自分の気持ちに正直であることが誠実であるかというとケースバイケースでそうでもなく、

では相手や対象に対しての態度をいうとなると、その場合の主軸はどこにあるのでしょうか。

 

もちろん、誠実な人柄に越したことはないし、仕事に対して誠実であることは基本だけれど。

なんとなくの感覚でここに書くようなことでもありませんが、

敢てなんとなく(笑)、「誠実」という言葉にはそれ以上攻め込めない砦みたいなイメージがあって抵抗感があるのは、

私が小さい頃からけっこうなウソツキで、お腹の中が実は「まっ黒け」だからでしょうか。

 

誠実であることを求めたり、誠実であることを主張されるよりも、

私は、態度が真摯であり、相手の立場や全体の状況を想像する能力を持っていることの方が、

ずっと風通しが良くて好きだなあと思います。

 

広告