さすがの一行

tableaux

 

早すぎる知的理解は、人間が体験を味わう機会を奪ってしまうのである。

さりとて、「知る」ことがなさすぎると、災害をどんどん拡大していって収拾がつかなくなってしまう。

実際には、ある程度のことは知っていても、事が起こるとあわてふためき、

それでも知っていたことがじわっと役立ってきて収まりがつくという形になることが多い。

「こころの処方箋」 河合隼雄 著 より

 

聴くこと

R8

聴くことはなかなかに難しい。

相手からの言葉を待つことができずに、根ほり葉ほりこちらから質問してしまうこともあるし、

自分の理解に収まるひとりよがりのストーリーに捻じ曲げてしまったりします。

 

「聴く」のは言葉を聴くというよりも、ことばにならない相手のそれをすっぽり聴くこと。

 

私は仕事で病院や老人健康施設と関わることがあって、

「ケアする人のケア」について考える、ということを知るチャンスがありました。

看護や介護をする人たちのそばには、生きていることの意味や死ぬことの意味、

本当に生きることが死ぬことよりも幸福なのか、人は本当に誰かを愛することができるのか、

といったある意味哲学的な問いが日常的にあると言います。

 

私は最近、母の世話をしていることからふと感じる、どうもよくわからない不思議な気持ちに気付きました。

鷲田清一さんの講演録を読んでこれかなと思ったのは、

 

ケアする人は、ケアすることで他人の「宛て先」になれると言えます。「聴く」という最も受け身に見える行動の中で、その人が苦しい言葉を漏らしてくれるのは、その人に関心を持っている他人として、その人のことが知りたいと思っている他人として、無条件に自分を認めてくれるということです。つまり、ケアするということは、ケアされる人の意識や言葉の「宛て先」として認められ、選び出されるということなのです。

条件なしでケアされるということがいちばんのケアだとすれば、そのときケアされる人にとっては、「私がいる」というただその事実だけで自分を「宛て先」にしてもらったという経験です。 すると、ケアされる人の側から、ケアする人の側に「宛て先」として送り返されるということが起こります。つまり、「この人だったら言いたい」「あなたに聴いてほしい」というカタチで、カウンセラーだからとかナースだからといった属性ではなく、私だから言葉を漏らしてくれるという、逆の贈り物をもうらような体験をすることができます。このような、ケアにおける反転という観点は、ケアではとても本質的なことです。

 

でもこれには良いことばかりではなく、一所懸命やっているのに気持ちが通じない、とか、どうしてわかってくれないのか、

というように相手がその思いを受け止めてくれないと、それが怒りや憎しみにまでなってしまうことがあると言います。

他者へのいたわりや優しさがそこにあるはずなのですが、思いも寄らぬ方向へ自分の感情や思考が走ってしまうこともある。

 

終末医療に長年関わった方が、出来ることは手を握ってそばに寄り添うこと、と言っていました。

 

聴いてもらうことは、言葉を受けてもらったという体験であり、語ることによって、自分に取り付いている不安の実態が何なのかを、聞き手の胸を借りながら探索しはじめるということです。(中略)不思議なことですが、見守ってもらっているということを確認することで、逆にその人に背を向けて一人になれる ——— そいうことが私たちにはしばしばあります。  (鷲田清一講演録より)

 

Simply keep Quiet,

heart to heart

let things happen in front of you,

and enjoy this universe which is offered to you.

heart for heart

ひとつのココロの動きと次の動きのあいだには、

ほんの一瞬でも動きのない状態がある。

petit plaisirs

Heart

capcchino

色眼鏡をかけていたら色が色に見えない。

無色ならば、そこに色が見える。

そのひとをそのまま見ることができる。

palmier

compassion

 

 

 

静かに座る午後の瞑想会7月おしまい

med3

今日は7月の「静かに座る午後の瞑想会」でした。

最初にストレッチでからだを少し緩めて、ヨガの呼吸法をしてから瞑想へ。

今日は、瞑想ほとんど初めて!という方も参加してくださいました。

 

プロトマニア周辺の土曜日の環境が静かなせいなのか、

空間がゆったりしているせいなのか、

ここでしばらく眼を閉じてじっと座っていると、とても落ち着きます。

 

瞑想というと、無念無想を目指す修行のひとつ、と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

僧侶ではない私たちがそう簡単に無念無想にはなれないわけで、プロトマニアは何はどうあれとにかく静かに座る時間。

座っている間にはもちろん、余計なことを考えてみたり、頭の中を映画のようにストーリーが流れて行ったりするけれど、

それを慌てて止めようとか、消そうとしてがんばらず、流れに任せてみます。

今日、私は思考に気づいたら、心地よい風がその思考を運んでいくイメージを使ってみました。

すると抵抗なく、思考は現れては消えて行く、という感じをつかむことができました。

 

瞑想した後に、瞑想の間に起こったこと、感じたこと、感想などを話し合ったりはしません。

プロトマニアは、それぞれのひとが  「  人と比べず、その人なり  」を大切にしているから。

終わってからおやつをみんなでいただいて、おしゃべりして、じゃぁまたね、とサヨナラします。

 

アート作品の前にじっと佇み、作品と対話するのも、

耳に全神経を集中して音楽を意識的に聴くのも、

水泳で水に身体を委ねるのも、

それもまたひとつの瞑想なのだろうと思います。

 

瞑想はくつろぎ。

 

今日の私の正直な感想。

ひと風呂浴びて、あぁさっぱり、みたいな感じかな(笑)

そんなズッコケもよろしということで、お気軽に、一度ぜひご一緒に。

 

実践

riasin

 

情報よりエネルギーを見よ、ということを I Medic & Art の伊東先生がおっしゃる、ということを書きました。

それは例えば、

「阿呆かいな!」と言われたとします。

その アホ !  を言った時の気分が、イライラむかむかしてのアホ!なのか、

はたまた、あらま、なに言ってるのかしら、しょうがないわねぇ…(smile) なのか、

その言葉を乗せて運ぶエネルギーの質によって、同じことばが全然違うものになる。

 

もしそこで「阿呆」(例が悪いかな???)ということばにフォーカスしてしまうと、

あ、私のことアホって言った、阿呆とはなにごとだ!! そういう君こそ… あれこれあれこれ…と

その言葉がきっかけになって10のモノが100くらいまで膨らんで、あげくに怒り心頭なんてことにもなりますが、

そちらではなく、そのことばの纏った空気(エネルギー)を読み取ることで、

余計な争いやイライラの罠に陥らずに済むのだそうです。

然り。

 

「そういうのって、男だなって思う」とか「あぁ、女だなぁって感じがする」というような表現は、

なかなか微妙でありまして、前後の会話の内容もありますが、良い意味だったり批判を込めていたりします。

今日、友達から私についてそういった微妙な表現で私自身としては意外なことを言われたのですが、

以前の私だったらきっと、言われたことを気にしてこねくり回して(笑)3日間くらいそれについて考えてしまったかも。

なぜならば言葉だけが私の中に印象として残っただろうから。

でも「あら、そうかもね」でおしまいになり、逆に、よく見ているなぁ、さすが友よとさえ思いました。

おそらく友達には、私を批判しようとかやり込めようとか、そういう魂胆(笑)が微塵もなかったからだと思います。

 

言葉の纏った空気をとらえる感性は大切。

フェアで中立の位置も大切。

 

毎瞬、ドアは開いているから、まずは実践。

 

笑う門には福来る

light

笑うことは大きなエネルギーの動きだと感じます。

ついさっきまでこの世の終わりくらいに落ち込んでいたり、言い争ってどうにもこうにもならない険悪なムードの時に、

突然、他愛もないことで思わず笑ってしまって、そこから力みやこわばりが解けて融けて、ハイおしまい、なんてこと、よくありますよね。

笑いについては昔から文学や哲学で取り上げられ、人間にとって大テーマのひとつでもあるのですね。

お釈迦様ではないけれど、生きること自体が苦であるというところからだったり、時代的に暗く貧しく抑圧されてそのはけ口としての笑いだったり。

そうして人間は世界の果てに出たいと思ったのかもしれません。 最近は「笑い」が健康促進や医療現場にも取り入れられています。

 

坂口安吾は「笑いはその場での超越だ」と言っていたそうです。

笑いは不合理を母胎にする。笑いの豪華さも、その不合理とか無意味のうちにあるのであろう。ところが何事も合理化せずにいられぬ人々が存在して、笑いも亦合理的でなければならぬと考える。無意味なものにゲラゲラ笑って愉しむことができないのである。そうして、喜劇には諷刺がなければならないという考えをもつ。  然し、諷刺は、笑いの豪華さに比べれば、極めて貧困なものである。諷刺する人の優越がある限り、諷刺の足場はいつも危うく、その正体は貧困だ。諷刺は、諷刺される物と対等以上であり得ないが、それが揶揄という正当ならぬ方法を用い、すでに自ら不当に高く構え込んでいる点で、物言わぬ諷刺の対象がいつも勝を占めている。

正しい道化は人間の存在自体が孕んでいる不合理や矛盾の肯定からはじまる。警視総監が泥棒であっても、それを否定し揶揄するのではなく、そのような不合理自体を、合理化しきれないゆえに、肯定し、丸呑みにし、笑いという豪華な魔術によって、有耶無耶のうちにそっくり昇天させようというのである。合理の世界が散々もてあました不合理を、もはや精根つきはてたので、突然不合理のまま丸呑みにし、笑いとばしてしまおうというわけである。

道化は昨日は笑っていない。そうして、明日は笑っていない。一秒さきも一秒あとも、もう笑っていないが、道化芝居のあいだだけは、笑いの他には何物もない。涙もないし、揶揄もないし、演技などというものもない。裏に物を企んでいる大それた魂胆は微塵もないのだ。ひそかに裏に諷しているしみったれた精神もない。だから道化は純粋な休みの時間だ。

「なにもかも小林秀雄に教わった」木田元著 より抜粋

 

口角を上げて無理矢理でも笑っていると、だんだんそれがリアリティを増して行きます。

本当に可笑しくなっていつの間にか本気で笑っている。ヨガにもそんな練習があります。

あれが買えたら幸せ、あの人より先にこれが出来たら満足、お金がこれだけあれば自由、あの人が愛してくれたら安心…

と人間の求める条件や欲望はきりがありませんが、

青空禅フォーラムを主宰する I Medic & Art の伊東先生は、情報ではなくエネルギーを優先するように、とおっしゃっています。

実は A があるから B という順番ではなく、B は A がなくても起こる。

私たちはあれがないとこれは手に入らない、と思いがちで、あれにターゲットを絞っていつの間にやらきゅうきゅうとしてしまいがち。

でも本当は、眼に見える現実のカタチではなく、カタチを得た時の気分や感覚こそを求めている。

 

笑うとお腹のみならず全身を使って呼吸しています。肩凝りがほぐれます。何より笑顔は周りを和やかにします。

大の仲良しと喧嘩して ” 暗いトンネルの中 ” の時は、無理矢理してみる笑顔がけっこういいかも。

最初はちょっと引きつっていても、その引きつった笑顔に思わず吹き出して、仲直りできるかもしれないしね。

 

simplify

beforerain

記憶という機能がなかったら、

いつもそこだけで完結しているのだろうなと思います。

そしたらそれ以上でもそれ以下でもないから、吾唯知足。

 

年を取ることは、ひとつずつ機能を失って出来ていたことが出来なくなることでもあるけれど、

本当にシンプルになっていくということでもある。

生まれたばかりの頃の、世界と私がひとつだったところへ戻って行くようなものかもしれませんね。

 

着飾ることは高揚するし楽しいけれど、

飽きちゃうとシンプルで清潔な装いが一番心地よく美しいと思うようになりますよね。

人間はちょっと知恵をつけてしまったからいろいろ道草をくっているのでしょう。

道草って楽しいものね。

それもまた楽しまないと。

 

 

天秤(バランス)の支点

miyazaki

アントニオ・ロペスはスペインリアリズムの画家。

そのひとのことば。

「目の前に裸体があったとしたら、画家であれ映画監督であれ誰であれ、自分の中で何かが動くのを感じるでしょう。それほどまでに現実というのは我々を魅了する力を持つのです。現実と精神性は分かち難いものです」

 

人間は矛盾に満ちている。

それを懸命に統合しようと試みるけれど、ほぼ失敗に終わる。

なぜならばこの世界は二極で出来ているから。善と悪。明と暗。陰と陽。現実と虚構。北極と南極。攻撃と防御。男と女…。

「真理の探究」は甘いと言われることがある。現実に戦っている者の前でそれにいかほどの価値があるのか?と。

人間は正義感から人を断罪する。

とても愛しているはずなのに、厳しく相手を追い込み支配下に取り込もうとする。 LOVE & HATE

 

ある時、目の前の風景がゴッホの「糸杉と星の道」のように「星月夜」のように、「カラスの群れ飛ぶ麦畑」のように見える。

そしてこの私もこの風景もリアルでありながらイリュージョンであり、ましてこの思いや気分などには実体がないことを想う。

当たりまえの日々の中だからこそ、天秤(バランス)の支点に立つことを思い出せるのだと思う。

人からどう見えたとしても、誰よりも平凡で落ちこぼれな私でも、ただ「ここ」から始めればよいのだ。

 

介護生活の先輩からいただいたことば。

今日という日が、今の人生では一番若いのだから何一つできないことはありません。だから今をだいじに今できることをやりましょう。

 

真理は全てを包含している。

 

忘れていることを思い出す決心をしたら、起こることはすべて最適のルートとタイミングでプレゼントされるので、心配せずに起こるに任せて。

とは友がくれたことば。