センチメンタルを超える

shell

哲学とか宗教とかじゃなくて、

もっとあたりまえな、名前も付けられないような、

ワクで囲えないような何か。

実は誰もが知っていて、今さら何を言っているんですか?と笑われそうな何か。

どんなに日常に没入してもふとまたそれが気になって、

または、「そんなこと考えるのは閑だからだ」と言われても、

青い鳥の物語みたいに、一度はやっぱり探しに出かけないと納得できないのかしら。

 

お医者が言うには、

「人間には寿命が確かにあるけれど、それまではしっかりと生きる義務と責任があるのです」

 

死を考えることは生きることを考えること、と誰かが言っていました。

交通量の多い道路を車で走っている時、路側に唐突に百合の花が咲いていました。

植物の生命の堂々たる力強さに感動してしまいました。

植物には個はなく、センチメンタルではありません。

 

広告