静かに座る午後

singing

今日はプロトマニア初めての、静かに座る午後の瞑想会でした。

 

白い壁のプロトマニアは午後の光がとても気持ちよいです。

はじめに少しヨガ的ストレッチをして、蜂の音の呼吸法、そして静かに座るという流れ。

最初の瞑想は音楽を流そうと思っていたのにそれをうっかりぽっかり忘れてしまうくらい(!)、

参加者の皆さんがすぅっと静かになっていらっしゃいました。

インターバルを置いて、全部で3回の瞑想。

いずれもとても穏やかで静かなひとときでした。

 

私はこのブログでリラックスのことや自分自身を見つめる時間のことやいろいろと書いていますが、

後から読むと、「それ、自分ができないからやりたいんでしょう?」とツッコミを入れたくなる時があります。(ちょくちょく)

プロトマニアのレクチャーを引き受けて下さっている伊東充隆先生が折に触れておっしゃるのですが、

 

ものごとは、逆説的です

 

例えば、ひとを癒してあげたい人は実は自分自身が癒されたい、とか、肩の力を抜いてと言いながら本人が一番カチカチ、とか、

結婚したい人ほどできないとか(いえできないのではなく、結婚しないか???)… 最後のこれはちょっと違いますか?

とまぁそんな風に、皮肉なことに求めていることほど遠ざかったりするわけです。

思い当たる節、ありませんか?

 

実はワタクシ、ヨガ歴はこれでけっこう長いのですが、まじめに取り組んだのはインストラクターコースに行き始めてからです。

その頃「瞑想って何ですか?」と先生にまじめに質問したくらいで、瞑想とは何か、どうするものなのかも全く知りませんでした。

今だってわかっているわけではないですが自分の意識を内側に向けると、

まずは自分が、いかにどうでもよいことを考え続けているかやお猿のように思考やイメージが落ち着きなく飛び回ることに気づき、

たまに静かで気持ちよい状態が来たりしながら、瞑想すると意外なことにお腹がとっても空くということを知ったりします。

人間とは何か、本質とは何かを知るためにはまず自分自身をよく見ること、そのためにも瞑想は大切だと思います。

それでも告白すれば、私は瞑想があまり得意ではありません。(これまた逆説的か?!)

ひとよりも思考が多いし、頭の中のお猿はかなり活発なのでなかなか手強いのです。

 

ところが今日のように皆さんと一緒に静かに座る時間を持つと、これは一人で座るのとは全く違う瞑想ができます。

周りのひとに助けられ、相互作用でなめらかに時間が過ぎていくようです。

凸凹していたり、ガチャガチャ荒れていた波が凪いで、穏やかになる感覚を味わいました。

みなさん、ありがとうございました!

 

静かに座る午後の瞑想会をやりましょうとお誘いするのは、

実は何よりも自分がサポートを必要としているからかもしれませんね。

助けていただいたり、ちょっとお手伝いをしたり…

それはとってもチャーミングで一方通行でない「お互い様」な感じがします。

というわけで、来月も「静かに座る午後の瞑想会」いたします。

よろしかったら、ぜひご参加くださいね。

 

共感

kuchinashi

私は美術関係の仕事をしているので、絵画から陶芸家の作品までいろいろとお客様にご紹介しては買っていただいています。

最近よく陶器を買って下さる30代の女性、少しずつ個人的なお話をするようになったのですが、

ある時、ちょっと困った笑顔でこんなことをおっしゃる。

「こういうきれいなものを見ていると本当に気持ちがいいの。

どんな風にお茶のおもてなしをしようかとか、この器にどんな花を生けようとか…  考えている間は嫌なことを忘れられるんです。

そうじゃないと気持ちがイライラして誰かに意地悪したくなっちゃうでしょう?

それは周りのひとにも迷惑だから、こういうのに出会って本当によかったの。」

 

そうか、イライラすると意地悪したくなっちゃうのか …

私にそんなことを言う彼女はまぁなんと正直なことか。こんな人はどこかが不器用なほどまじめで純粋なだけなのかもしれません。

私は専門のお医者でもセラピストでもありませんから、こんなお話にただ、うんうんと耳を傾けることしかできません。

彼女はきれいなものを買って、それを使ったり眺めてイライラした気持ちをおさめたり、紛らわせているのかな?

それも美しいものの「役割」ではありますが、その彼女の気持ちの根っこには何があるのかな?と考えてみます。

 

人間の根本的な欲望は、あるスケールで分けてみると、

承認欲  支配欲  至福欲  に大きく分かれるそうです。

もちろん、生存欲や食欲、睡眠欲などなどという身体的見方もあり。

でも、このシンプルな3つにはなるほど、と大いに頷けます。

ひとは誰かに認められ必要とされたい、自分の思い通りに相手に反応してほしい、自分がコントロールしたい、何はなくとも幸せでいたい…

ひとつひとつの具体的な願望を分類すると、確かにこの3つのグループに入っていて、思い当たるところがあると思います。

私は承認欲が強いかな。いや、支配欲も意外と強いのかも(苦笑)。

欲望は悪いことではなく、それに振り回されなければよい、とヨガの先生が言っていました。

人間は欲望を持っているから進歩してきたのでしょうし、

想像するに、先の彼女の「欲」と私の「欲」は同じようなものです。

 

私は美術のしごとをして来ましたが、何千万円もする美術品を扱うすごい画商さんでなく、ひと呼んで「売れない画商」。

有名無名に関係なくアートを普通の生活の中に取り入れて心豊かに暮らす、ということが昔から自分のやりたいことでした。

それと同じく、私がプロトマニアでやりたいことは、崇高でアカデミックな哲学ではなく、聖人になるための修行でもなく、

今ある普通の生活の中で、私たち人間がその肉体をしっかりと生きて行くためのちょっとしたコツ、ちょっとした智慧、視点の変化、

落ち着いて自分自身と向き合うゆるやかな時間、きっかけとなることを、共感する人たちと相互作用で発生させることです。

 

なにごともキューっと偏らないように、まずは入口に立ってみるところから。

私のヨガの先生はお肉も食べるし、ちょっと前まではタバコも吸っていました。

ベジタリアンになれとは言わず、お肉も食べた方がいいよ、と言います。

そういうことを言う先生を私は信頼できると思いました。

仏教発祥の地インドでは、命を持っているものは動物までで植物は命を持っていないと考えるそうです。

だから植物は食べてもよい、ということ?

日本では草木や国土までもに命がある、生きとし生けるものとしています。

…  ね、ちょっと離れて見たり、どれどれ?とよく調べてみると、

実は聞いたり思っていた話と違っていたり、実は根拠がなかったりすること、思い込みってけっこうあるものです。

共感は大切、でもだからこそ妄信しないで、信じるな、疑うな、確かめよ。

 

朝の香り

good

 

 

今朝はゆっくりと丁寧に珈琲をいれよう。

珈琲の良い香りは、それだけでしあわせな気持ちになります。

 

Be happy !

 

 

 

 

 

 

それはどこに

flamenco

 

 

日曜の朝刊の書評に、梅原猛さんの「人類哲学序説」という本が紹介されていました。

 

哲学というと、言葉が難しくて、何が書いてあるかわからなくて、理屈っぽくて、

あまり現実的じゃなくて、お金も儲からない感じ、そんなこと考えても仕方ない感じ。

どうもそんなイメージがあるのですが、どうでしょうか。

 

哲学とは、愛知(フィロ・ソフィア)—「知を愛すること」でありますが、これは、ただ漠然とした好奇心というのではありません。もっと厳しいものです。知というのは、真実を明らかにする、ということです。真実を明らかにする知を愛する。その知というものは、ある種の歴史性を持っている。また、普遍性を持っている。哲学とは、歴史の中で人間はどう生きるべきかと問い、その思索を体系化するものです。しかも、それを自分の言葉で語る必要があります。(梅原猛 人類哲学序説より抜粋)

そういう学問が西洋哲学だそうです。

 

ただ学問でなくても、人間とは何か?は誰もが考えるけれど、だいたい途中でやめます。

考え抜くことを選ぶのか、はたまたそういう風に生まれつくのかはわからないけれど、それを一生のしごとにする人もいる。

 

この世の真理がわかったら、死ぬことも生きることもへっちゃらになるのか?ということですが、

禅画で有名な仙崖という偉いお坊さんが亡くなられる時に、お弟子たちが良い言葉を残してくださいとお願いしたら、

「死にともない、死にともない」と言われたんですって。

お弟子たちが「あなたほどの偉い方が、死にともないなどとみっともないことを言われては困ります。もっと気の利いたことを言ってください」

とお願いすると

「ほんまに、ほんまに」とおっしゃったのだそうです。

普通の人がいまわの際に「死にたくない!」というのは変哲もないことでしょうが、

もう生も死も越えてどちらにも執着がない悟りが開けた高層が言う「死にたくない」ほどの風流はないではないか、というお話でした。

 

面白いお話や書かれた本は数々あるのですが、読んでも聞いてもそれはそのものではないところがミソ。

 

 

 

入口に立つということ

bubble

何か知ろうとして勉強を始め、ある程度までいくとちょこっとわかったつもりになるのですが、

少しするとあれれ?とまだ何も知らないことがわかってまたやり直し、の繰り返し。

いつも入口に立っている気分になります。

たとえばあるメソッドがあって、今日はここまでで次回はここから、

そして10回出席するとだいたいここまで学習して知識が得られます、

というようなやり方はなんとなく先が見えて安心だし、私たちは慣れてもいるのですが、

そういうやり方では得られない智慧や体験があります。

 

修行とか努力というと、道は遠く険しく大変な感じがして腰が引けますが、

本当は自分が真剣に求めていることや大好きなことならばちょっとくらい自然にがんばるものです。

修行なんてことばに惑わされても仕方ない。

がんばらなくていいよ、という優しく甘い言葉を鵜呑みにしても仕方ない。

その微妙な案配は、実は全部、自分自身が知っています。

 

まだ足らぬ 踊り踊りてあの世まで

 

とは、六代目菊五郎の辞世の句だとか。

どんな芸術家もまだ足りないまだ足りないと努力をしたのですね。

 

利休は、

 

茶の湯とはただ湯をわかし茶をたてて のむばかりなるものとこそ知れ

 

と詠ったそうですが、知識だけでは終わらずその奥義までいった上でそれを捨て、

もとの素人になってそのままでよろしい、ということ、

何もかもわかって、そのわかったことを忘れ、時には間違うようなのが本当のお茶人だ、

ということだそうです。

 

入口と言うけれど、入口は瞬間のように表も裏も全てがあって奥が深いものかも。

 

 

静かにひとり在ることへ

world trip

日々の暮らしには大小あれど、やるべきこと責任などなど次々にやってきます。

そんな忙中でも自分ひとりの時間を持つというのはよいインターバルになりますね。

 

私の叔母は大変面倒見の良いひとで、しかも商家なので常に人の出入りが激しく、頼られることも多く、

大きなからだでふうふう言いながら文句を言わず、笑顔を絶やさない私の尊敬する女性なのですが、

その叔母がある時、しみじみ言っていたことがあります。

 

日帰りで広島東京間を往復したのよ、ちょっと贅沢をしてグリーン車で。

隣にも前後にも誰もいない新幹線の中で、まったくの独りになれたあの時間、

本当にほっとしたわ。

 

それは芯から寛げる疲れのとれる時間だったそうです。

 

こんな風に日常とちょっと違うことや、いつもの自分なら絶対にやらないようなこと、

何かいつものパターンを破って思い切ってやってみるのはいいものです。

自分ってこういうものだ、という頑なな思い込みに爽やかな風が吹き抜けます。

 

というわけで、

何もしないでただ座る時間なんて大事な週末の時間がもったいない!

なんていつもは思っている方は、

今度の土曜日の「静かに座る午後の瞑想会」へぜひお出かけください。

いつもと違うパターンでどうぞ。

 

そうだね、って言えばいいだけなのに

twilight

仲良しの友だちでも家族でも、ふとした時に意外な面を発見することがあります。

へぇ、こんなに力が抜けてておかしなところがあるんだこの人は!

なんてびっくりして微笑んでしまう。

 

ひとはいろいろな場面でその時に合う顔で振る舞っています。

意外といえば、自分自身にだって自分のことはよくわかりませんから、

どのくらい沢山のパターンで私たちは反応できるものなのでしょうね。

 

プリプリしちゃう時があっても、なるべく相手を緊張させないで過ごしたいのです。

意地っ張りにならないで硬くなる前にそんな気分はさっさと流し去る。

そうね、そうだねってい言えばいいだけなんだから。

…と自分に言う(苦笑)

 

ちょっとしたユーモアがあるっていうのはいいことです。

とぼけたひとことや無邪気な反応は、深刻にならず平和で愉快に過ごすため。

それには何事もどんな時も、ふぅっとまずはひと呼吸。

やっぱり笑顔がいちばんです。

 

 

アンテナ

rose cache

 

たとえば、いまここに一輪の花が咲いているとします。この花が花であること、つまり花の本性は、それ自体としては存在となんの関係もありません。こういう意味に解された花の本性を述語的には「本質」と言います。そしてもし、存在とは本来的に関係ない本質としての花が、それでも事実上いまここに存在しているとすれば、それは存在的エネルギーがどこか外から本質にたまたま生起してきたからである、とこういうふうに考えるのです。ですから、このような考え方によれば、存在とは本質にとって、ある不思議な偶成的な出来事なのです。で一体、存在はどこから生起してきて本質に宿り、本質を存在者に変貌させるのでしょうか。存在一性論者たちの存在論は存在についてのこの根源的問いから始まります。(井筒俊彦 著 イスラーム哲学の現像より抜粋)

 

私は井筒俊彦さんの本につい最近出会って、読み始めたばかりです。

本は読みすぎて文字や概念ばかりが頭に入ると頭の中が渋滞してしまうし、邪魔になることもあるけれど、

やはり確かに知識は助けになります。

ヨガをやる時に少し身体に関する知識があると感覚を掴みやすくわかり易く、

それが体感の支えになることがあり、これも大切にしたいと思います。

身の回りにある便利で新しい諸々は自分が主体になっていれば、

それを使えることがあっても、使われてしまうことはありません。

そしてアンテナに引っ掛かるものをとりあえずのぞいてみる好奇心も悪くはない。

 

狙いと方向を定めたら、まず中心を合わせてぶれない自己チュウで、

方便として気に入ったやり方を使っていけばいいのかなと思うのですがいかがでしょうか。

 

 

proton + mania

bengalensis

プロトマニアは、いろいろな人があちこちからやって来ては出会い、

普段はあまり話さないような、でもずっと気になることをフランクに話したり、

そのことについての考え方や見方を誰かから聞いたり、教わったり、

自由に臆せず質問したりできる場所になればいいなと思います。

 

大人になると、お父さんになったりお母さんになったり、

社長さんになったり先生になったり、

店長さんになったり課長さんになったり、

良いこともあるけれど、

ちょっとよそ行きの顔して社会に合わせてわざとワクにはまったりします。

それはそれでよろしくて、でも時には肩凝りしたり、自分で気が付かないうちにかなり強張っていたりします。

 

プロトマニアでは、大人の男の子、大人の女の子で、

(この表現は翻訳家でエッセイストの鳥取絹子さんがオリジナル)

わからないことをのびのびと問い、知りたいことを探り、時には感情的になってもよし、

ヘンなかっこうでもよし、からだが硬くてもオーケー、その時なりにその人なりに正直にそのままで、

こっそり、または大いに、あぁそうだったのかと気が付くような、

そんな時間や体験が生まれたらいいなと思います。

 

人間って何だろう?その本質について考えてみる時間なら、新しいレクチャーのお知らせ から

伊東充隆先生のレクチャー 

日常から少しの間  離れて自分自身と向き合うひとときなら、新しいワークショップなどのお知らせ から

静かに座る午後の瞑想会