私が何かを知らない?

 

人間が苦しむ理由。インドの哲学書ヴェーダンタの中にそれが書いてあります。

そのひとつ。

 

私たちが、自分が何か?  を知らないこと。

 

 

不安に思ったり、苦しんだりする私たち。私、私、って言うけれどそれはいったい何を指しているのか?・・・あらためて考えてみると、

 

実は何も分かっていません。

 

それをわからないまま、わかるものにばかり目を奪われています。

 

 

私って、わかっていますよ、もちろん自分のことでしょう? 自分個人のことを「私」と言って生きていますから。

 

・・・それは本当ですか?

 

 

ところで「自分」って何かというと、丁寧に見てみれば、心と身体に条件づけられたものを指しています。目を奪われているもの、わかっているもの、わかっている自分とは、この思考、気分、感情、記憶、イメージ、国籍や性別など。

 

普段、私たちはこの「自分」が「私」だと当然のように信じて生きています。同一化しているってことですね。

 

じゃあ、もう一度。ほんとうに、

 

 

私 = 自分

 

 

なのかな?  これを検証してみます。

 

 

私は、思考だ、感情だ、記憶だ、身体だ・・・

さらに、

 

私は、真我だ。

私は、無だ。

私は、神だ。

・・・・

無意識に思っていたり、学んだ情報で思い込んでイコールにしているものだけで、こんなにあります。

 

ところが思考も、真我も、無、も、言ってみれば概念です。実体はありません。

 

私 = 自分。

私たちが普段から当り前だと思っているこれを疑ってみて、その信念を解いていくのはそれほど簡単ではありませんね。

 

もし「私」が何か? が分かった!と思っても、私は〜だ、ということが分かる、つまり実はそれはまた何かと = イコールにしているんですね。

わかった! と思った瞬間、何かにイコール。すなわち、実体はなく、不変の本質ではないということ。

 

 

ということは「私」が何か? を直接見ること、知ることは、できないのですね。

まずは、何ではないか、だけを見てみましょう。引き算です。

 

 

・・・・・といったことを、伊東先生はお話します。

もう知っているつもりでいることも、丁寧に見て聴いていると、おや?という発見があったりします。これまでいろいろな本を読んだり、お話を聴いて来た方でもきっと、盲点に出会えるかもしれません。

 

盲点は、ひとりでは見えないのよね〜

 

 

* 言葉ではない。不立文字の「自己の本質」とは・・・

伊東充隆主宰 第2回青空禅塾

 

9月2日(土) 13時から17時まで

 

お申し込みは青空禅塾参加と書いて、こちらからどうぞ→

 

 

 

 

 

 

すべてを感じるのはすばらしい喜び

 

 

深い悲しみを感じているときには、

 

人はまたいのちも深く感じていることを発見します。

 

 

 

『バーソロミュー3 大いなる叡智が語る平和への祈り』 P271

 

*私の本質、ハートを頼みに自分で確かめよう〜

 

空のお茶会〜バーソロミューと共に。

 

8月20日(日) 14時頃から16時頃まで

*今月は募集を終了しました、また来月!

参加費は2000円(お茶とおやつ付き)

 

 

 

* 言葉ではない。不立文字の「自己の本質」とは・・・

 

伊東充隆 主宰  第2回 青空禅塾

 

9月2日(土) 13時から17時まで

お申し込みは青空禅塾参加と書いて、こちらからどうぞ→

 

be like the breeze

 

Don’t run after projections on the screen, be very wise.

Do not lose your peace at any cost.

Things will rise and fall, so not do be caught !

Peace is most important, you have to be happy in the Lila,

no-mind-limitless-happiness with Freedom in your mind,

not problems.

 

 

Remove all becomings, you are Being.

Becoming is effort, Being is no effort.

 

 

You are always That so be like the breeze

that is attached to neither the garbage nor the garden

that it blows over.

 

 

『  THIS   Prose and Poetry of Dancing Emptiness  』 SRI. W.L. POONJA

 

 

平和。

 

今日は終戦記念日ですね。プロトマニアがある九段は、毎年、普段とは違う空気が流れます。機動隊がバリケードを作って警備に当たったり、街宣車の大音量の音楽が聴こえたり・・・

 

日本の夏は、戦争と平和について考える時ですね。戦争に関する番組がいろいろ放映されるし、戦争を実際に知らなくても普段より考えるきっかけが多いのではないかと思います。

 

 

自己の本質を知ろうとして学んでいると、途中で、この世界は夢です、幻です、私はいません、などなどの言葉に出会ってひっかかり、むむ?と疑問をもったり、抵抗感が生まれる時期があります。

 

私はいない、って無責任。

 

世界は夢、って逃げてるだけじゃない?

 

なんだか浮世離れしている感じ。

 

そんな風に思えてしまうことが私にもあって、いや〜な気分の時期がありました。

 

でもよくよく見て行くと、この自己の本質を知ることほど平和に貢献することはないのではないかと思います。

 

平和のために正義は、有効ではないですね。何かに対しての正義は対立にまた対立をもたらすだけなんですね。ジャンヌ・ダルクが正義の旗を掲げて戦い続けた末にふと振り返ると、後ろには血と屍を見る、というように。

 

 

なぜ「それ」が究極の平和なのかを知ることは、すごく地味で動きがなくて静かすぎて退屈なようなのですが、一番大切なことだと今は思います。知識として知るだけでも、それが理解できることを充分に素晴らしいと私は思います。その智慧は、普段の生活の中にもいかせるし、いかすどころかそもそもそれだったわけで。そうしてこそ、真に入口に立つのかもしれません。

 

そんなことを伊東先生の青空禅で教わってきました。

 

大きな大きなギフトではないかなと思います。

 

 

 

 

まるごとひとまず置いておく。

 

刺激が来て、反応して、思考気分がやってくる。

このパターンは肉体の働きだから止めようとしても止まらない。

止めることよりも、間を空けること。

 

なんでそうなっちゃうのかな〜と、人はつい瞬間的に問うて、その理由を探ろうとしたり、因果を結ぼうとしてしまうのです。

でもそのクセも止めようとするのではなくて、まるごと置いておく。

クセを修正しようとすることが要点ではないのです。

 

そんなことを、長きに渡ってスタイルをいろいろにしながら青空禅 の対話の場でお話している  i Medic & Art の  伊東充隆先生から、教わって来ました。

 

空のお茶会に来てくれる  タクさん も同じように、そういうことを優しく書いているんですね〜

 

こうしなきゃ、こうあらねば〜〜みたいなギュッと固まった気分、でなければ単純に、言葉そのものを、横にホイっといったん置く。まず間を空ける。

 

そんなの何度も聴いているし読んでるけどできない!って諦めないでね。私も何度もやっています。できなくても、ウエ〜ン私ってダメダメッ!なんて思わずに、ダメ子でもダメ太郎でも、何度もここはシツコクやってみましょうよ。

 

ヤサグレてもいい、諦めずにホントにやると、ある時ふと、伊東先生が言ってたことやタクさんが書いている感じが、ふわっとやって来ます。やっぱりね、

 

慌てない慌てない、一休みひとやすみ。

 

 

だいじだいじ・・・

 

 

 

* 言葉ではない。不立文字の「自己の本質」とは・・・

伊東充隆主宰 第2回青空禅塾

 

9月2日(土) 13時から17時まで

 

お申し込みは青空禅塾参加と書いて、こちらからどうぞ→

 

 

 

*私の本質、ハートを頼みに自分で確かめよう〜

 

空のお茶会〜バーソロミューと共に。

 

8月20日(日) 14時頃から16時頃まで

*今月は募集を終了しました、また来月!

参加費は2000円(お茶とおやつ付き)

 

 

空のお茶会8月夏休みスペシャル〜は、フッツ〜に在る

 

おはようございます〜

みなさんは夏休みですか? 今朝の散歩、公園では蝉がうるさいくらいみーんみーんと啼いておりましたよ。

 

 

毎月のんびり開催している「空のお茶会」は、次の日曜日です。

 

先生のいない空のお茶会、8月は夏休みスペシャルということで、以前も遊びに来てくれた人気ブログを発信するタクさんが、再びゲストで参加してくれることになり、タクさんが、空のお茶会に参加します〜とご自身のブログに書いたらば、

 

・・・お、お、お、私がジャーナルに書く間もなく10名の参加者がシュッと集まってくれました。(普段、特に定員を設定していないのですが、今回はお茶会話〜 ♪がしやすいように、10名くらいで締め切りました) みなさん、タクさん、ありがとうございました。

 

 

タクさんとたくさん話して、アハハと笑いながら、おいしいお茶やオヤツと一緒に、そのまま正直に素直に、今の位置から、自分で、フツウに!「在る」を見て、確かめてみよう〜♪

 

 

というわけで、スペシャルでも何でもなくいつも通り、

 

フッツ〜の空のお茶会やりま〜す♪

 

 

 

 

*私の本質、ハートを頼みに自分で確かめよう〜

 

空のお茶会〜バーソロミューと共に。

 

8月20日(日) 14時頃から16時頃まで

*今月は募集を終了しました、また来月!

参加費は2000円(お茶とおやつ付き)

 

 

1秒でオーケー。ただ在る。ハートの辺りで。

 

私は在る、に意識をとどめよ。

 

とマハラジせんせいは言いつづけました。

 

ただし、この「私」は、「私」という対象がある、ではありません。

本来、私とネーミングされているそれは、

 

在ることそのもの。

 

 

「私」という実体があるのではないのです。

私とは在ることそのもの。

それにピントを合わせ続けたら、自然とことは起こります。

 

 

1秒でオーケーだよ、ただ在る、をハートのあたりでやってみよう。

 

 

と、伊東先生は繰り返し言います。

 

しがみついたり、依存することで本来の「在ること」を確認したがるのだけれど、対象の無い在ることそのもの、在る以上のことは無しにしよう。とてもシンプルなこと。

 

1000本ノックのように、ふと1秒。

 

 

 

 

* 言葉ではない。不立文字の「自己の本質」とは・・・

伊東充隆主宰 第2回青空禅塾

 

9月2日(土) 13時から17時まで

 

お申し込みは青空禅塾参加と書いて、こちらからどうぞ→

 

 

ゆっくりする。

 

力を抜く、余計な力みを解く。

身も心も。

それは本質に向かう時に、とても助けになります。

 

意識的にくつろぐ時間を作ることは、大切。

 

 

意図的にゆっくり話す。ゆっくり歩く。ゆっくり動く。ゆっくり食べる。ゆっくり呼吸する。

 

 

試しにやってみてくださいね。

こんな簡単なことで、気づくと身体も心も理由なくホッとしているからね。

 

 

 

伊東充隆主宰 青空禅塾*9月2日(土)募集中。

伊東充隆 青空禅

 

青空禅塾の第2回、9月の募集をしております。

 

9月2日(土) 13時〜17時まで 4時間

 

 

この不立文字の「自己の本質」は、結局、学習するものではないのだと思います。

 

その辺りのニュアンスは、伊東先生の「 青・空・禅・塾 」 では、無理なく、心地よさと楽しい雰囲気と共に、漂っているかもしれません。

 

 

ところで、毎回、伊東先生がどんな感じの先生か、どこが素敵なのか、どれくらいスバラシ〜〜〜イ♡のか、とかとかとか。私は一所懸命、茶坊主のようにせっせと書いてお伝えして来たのですが、ふとここへ来て思ったのです。

 

どんなに、先生のお話の内容は明晰で分かりやすくて希有な場です、伝え方はこんなところが秀逸です、誠実です、情熱イッパイですと、先生の素晴らしさを私が書き続けても、・・・・それだけ。

それは、それだけ。

 

 

 

だから今日は書きますよ、いいですか〜

 

 

来てっ。

 

 

 

・・・♪

 

以上です。

 

伊東充隆 青空禅

 

* 言葉ではない。不立文字の「自己の本質」とは・・・

伊東充隆主宰 第2回青空禅塾

 

9月2日(土) 13時から17時まで

 

お申し込みは青空禅塾参加と書いて、こちらからどうぞ→

 

 

 

 

立秋も過ぎましたので、とっこさんの講座〜

 

立秋は昨日だったのですが、今日の暑さと言ったらね〜

立秋だからって、さっさと秋になるわけじゃないのですが、その辺りのお話はプロトマニアでも講座をして下さった 景山えりか さんのウェブサイトを読んでみてくださいね〜

 

それにしても私たちは自然なので、からだがそれと共にあるのを感じます。都会での便利な生活に慣れているのでエラそうなことは言えませんが、私はヨガを通して身体の声を聴くのが日常に根付いている方だと思うので、ちょっとした皮膚の乾燥やむくみでもシグナルかな〜と受け止めています。

 

9月にはプロトマニアで小西美智子さん、とっこさんの秋の講座があります。

 

とっこさんの『季節ごとの心身調和のための学び』長月の身体と心を学ぶ

 

一年を通して、季節ごとに開催するこのとっこさん講座。

秋は 9月17日(日) 夜 の開催です。

 

*とっこさんからのメッセージ〜

暦の上では秋となる長月、とはいえ残暑の続く初秋です。夏という季節のままの生活を送っていると、身体は整えられず、冬への準備もできず、身心の不調へとつながります。皆さんと一緒に、長月という季節の身体と心を学びながら、身心を秋モードに切り替えていこうと思います。今回は夏に引き続き、「秋の養生法」をご紹介する予定です。秋は夏に成長した植物が実を結ぶ季節。すべてが成熟し、収穫を迎えます。秋は夏の疲れを癒し、冬に備えて身心を整える季節ですから、しっかりと季節の変わり目の養生を学んでください。秋、自然界も陽から陰へと変わる時。春・夏と陽気に満ち、外へ向けていた気持ちを内へと向けるための、「満たされる感覚を養う呼吸法」も楽しんでいただく予定です。

 

忙しい時も、元気な時も、自分の身体をよく触って眺めて、仲良くして行きたいですね〜

楽しいトークと的確なアドバイスや知識を伝えてくれるとっこさん。

お申し込みは「とっこさん講座」と書き添えて、こちらからどうぞ→