神秘的なことがもっとも実際的である

 

今日、脳認知科学者の方とお話しすることがたまたまあって、とってもワクワクしました。頭の中は、青空禅で伊東先生から聞いたことにドンドン繋がった。

 

 

分からないということが論理的に明らかになった

 

 

「分からないこと」が論理的に分かるようになる・・・一瞬、へっ??と思うけど、そういうことが起きているんだって。

 

偶然、そこに私が居合わせたがためにお話できた脳科学、認知科学のトップランナーというこの方は「自己なんてない」と断言されて、まさに青空禅塾的で白熱しておりました。

 

ホントにホントにこのことは、フツウのことなんだ。

 

もう神秘的な言葉なんて、い〜らない♪

 

 

 

 

質問者

つまり、私は活動的な人生という考えをすべて捨て去らねばならないということでしょうか?

 

マハラジ

まったくそうではない。そこには結婚が、子供が、そして家族を維持するために収入を稼ぐことがあるだろう。全ては出来事の自然な流れに沿って起こるだろう。運命はそれ自身を満たしていかなければならないからだ。あなたはやってくる大小含めた仕事を注意深く周到にこなし、抵抗なく通り抜けていくことだろう。だが全体的な姿勢は愛情深い冷静さ、かぎりない善意、見返りを期待せず、求めることなく、絶え間なく与えつづけていくことだ。結婚においては、あなたは夫ではなく、妻でもない。あなたはその二つの間の愛なのだ。あなたはすべてに秩序と幸福をもたらす明晰性と優しさだ。それはあなたにとって、つかみどころのないものに見えるかもしれない。しかし少し考えてみれば、神秘的なことがもっとも実際的であることを知るだろう。なぜなら、それはあなたの人生を創造的で幸福にするからだ。あなたの意識はより高い次元に上昇し、そこからは、すべてがより明瞭でより強烈に見える。誕生時に個人となり、死において存在を終えるその人はつかの間の偽物だとあなたは悟るのだ。あなたは欲望と恐れに捉えられた感覚的、感情的、知的個人ではない。あなたの真の存在を見いだしなさい。私とは何なのか?これがすべての探究の根本的な質問だ。そのなかへ深く入っていきなさい。

 

 

*「自己の本質」とは・・・ 気づきの注意は、根源に向ける。

伊東充隆 主宰  第5回 青空禅塾

12月3日(日) 13時から17時まで
 
お申し込みは青空禅塾と書いて、こちらからどうぞ→
 

広告

ここにも、バカボンのパパ・ポイント

 

穏やかっていうのはいいなぁと思うし好きな感覚なので、穏やかなのがいいねぇと言ってみたりしますが、本当はそれも「穏やか」にこだわっちゃっているということなんですね。

 

趣味嗜好みたいなもので、傾向とかクセがあって、ある状態にふと魅かれてしまう・・・。こんな感覚がお好みなのね〜、心地よいのね〜。

 

本当はどっちでもいいくらいのことなのに、誰かから言われたことや形容されたことばが頭に残って、しばらくそれが頭の中をグルグルすることもあります。

 

陶芸家の方とお話していたら、その人は非二元だの悟りだの一言も言わないし、いわゆる禅の勉強も瞑想も修行もしていないけれど、話す内容がまったく自己の本質のようなことで在り方で、内心目を丸くしながら、ニヤニヤして聞いていました。

 

「作品については、色んな人が勝手なことを言うもの。いい作品だねという人がいれば、これはここがマズいという人もいるけれど、それはただベクトルがあっちとこっっちに向いているだけ。で、良いも悪いも評価はどっちでもよくて、その時はただ、その人がどこのことを言っているかだけを聞いているよ〜」

 

ね、伊東先生の「バカボンのパパ・ポイント」でしょ♪

 

 

*「自己の本質」とは・・・ 気づきの注意は、根源に向ける。

伊東充隆 主宰  第5回 青空禅塾
 
12月3日(日) 13時から17時まで
 
お申し込みは青空禅塾と書いて、こちらからどうぞ→
 

見えなくても見えるもの。

 

 

何を感じるか、考えているかを、言葉で表現することって、大切だと思います。

 

でも、誰かと話していたり、誰かが書いたものを読んでいて、この人の表現や文章は好きだなぁとか、すっと入って来るなという時、それは言葉自体ではなくて、言葉のうしろにあるセンスみたいなもの(もしかするとエネルギー?)に魅かれたり、共振できるってことなのかもしれないなぁと思います。見えないけど見える。言葉のひとつひとつは、実はあまり重要ではないのかもしれませんね。

 

本質に関してお話するときも、カッコ良くとんがった険しいムードじゃなくて、キラッと明晰でありながらフワリとそこへ導くような、そんな表現が好きだなぁ。たとえ、厳しさがあっても、慈愛は伝わる。本当の優しさと厳しさは同時に存在して、ふたつでひとつ。

 

 

 

 

 

 

冬支度〜♪ kiico さんのリース作りやとっこさんの心身調和。

 

東京はだんだんと寒くなって来ました。気がつけば11月第3週に入って、街の中にはクリスマスの気配。イルミネーションも始まっています。

 

プロトマニアの寒い季節は、寒〜〜いんです。もともとがフツウの事務所仕様のビルを改装しているので、暖房は天井から暖風が吹き下ろして乾燥しがちだし、足元も冷えちゃうので、ずいぶんいろいろ寒さ対策を練ってきました。

でも、寒い季節のプロトマニアの雰囲気は、ちょっと異国みたいで好きです。この床は、マーモリウムというナチュラルな素材です。昔、イタリアの田舎で見た光景を思い出して斜めの市松模様。この空間でヌクヌクしながら、ちょっとした非日常を楽しみ、冬支度をする講座を12月に開催します。

 

まずはkiico さんのグリーンリース作り。実はもう定員になっていますが、もし、今年はひと味違うリースを作って飾りたい方は、ぜひキャンセル待ちにアプライしてくださいね。ご案内ができるかもしれませんから!

 

kiico さんは、ナチュラルでチャーミングな女性です。プロトマニアで何度もワークショップをしていただいていますが、毎回、みんなが思わずオトナの女の子、男の子になって無心でリースを作って笑顔でサヨナラできるのは、kiico さんのさりげない目配り気配りとセンスのタマモノじゃないかなぁ〜♡  毎年楽しみな時間。まだ未体験の方に、なるべくご案内したいと思っています。

 

そして、冬に向けてぜひ参考にして頂きたい情報と体験満載なのが、とっこさんの心身調和の学び講座です。12月17日(日)の14時から16時まで。

 

とっこさんは、哲学を語りながら身体にアプローチするという、その道ではちょっと異色の(笑)パフォーマーでありピラティスの先生です。とっこさんの楽しい話術とリズム感あるリードで、ご自身のからだをじっくりと見てあげてください。そしていつも気にしていなかった身体のあちこちに意識を向けて、寒い冬へと向かって下さいね。こちらもお申し込みをお待ちしています。

 

 

寒くたって、マフラーぐるぐる巻きにして冷たい空気の中を歩く冬もまた楽し♪

シェリーベイビーという名前のオンジウム。チョコレートの香り!

 

 

11月空のお茶会で閑。

 

昨日は、空のお茶会でした。今回は最小人数だったけど、バーソロミューを読んだことがないという友人と一緒に、いろいろおしゃべりできました。

 

「私」とは何か?

 

ということは、離れたどこかのファンタジーの世界にあるわけではなく、毎日、起きて、家族の世話をしたり、仕事をしたり、議論したり、仲良くしたり、落ち込んだりしながら、いつでも毎瞬、その入口にいることはできます。そして、形而上学的な知的遊びではありません。そのことを、一緒にふんふんと確認した空のお茶会でした。ゆっくりした凪ぎのような時間でした。

 

私はこのところいろいろと忙しくて、頭の中のおしゃべりがうるさかったのです。終わった頃には知らず知らず閑かになっていて、顔の表情が穏やかになっていたかもね。そして、プロトマニアってなんだか落ち着くなぁ。

 

 

次回の空のお茶会の日程は近日中にお知らせします。

 

 

ワンパターンはお好き???

 

何かしらムッとしたり、ヤヤヤ!それは由々しきこと〜なんて反応しちゃう時は、無意識にかつての記憶を参照して、目の前のことをジャッジしている。ジャッジは結局、自分を窮屈にする。判断は良くても悪くても、判断でしかない。

 

それがいつもの「ワンパターン」に見えたり思えたりしたら、記憶というフィルターをかけて、タッタイマを見てしまっているのかもしれませんね。

 

 

タッタイマ生マレタカノゴトク

 

明日は、そらのお茶会!

 

 

 

 

 

*私の本質、ハートを頼みに自分で確かめよう〜

空のお茶会〜バーソロミューと共に。

 

11月12日(日) 14時頃から16時頃まで

 

参加費は2000円(お茶とおやつ付き) 当日参加も大歓迎〜♪

 

 

今のままですべてよし。

 

 

では、最初の問いに戻って終わりましょう。

 

心の平安を何に求めたらよいでしょうか。

 

心の平安とは何でしょうか。

 

究極的には、心の平安とは、何が起ころうとも神は天にあり、自分の世界は今のままですべてよし、とわかっていることです。

 

心の平安とは、すべては今のままでよい、何も変える必要はなく、加えたり取り除く必要もない、とわかっていることです。

 

 

 

『バーソロミュー3 大いなる叡智が語る平和への祈り』第四部 帰還 バーソロミューの祈り より抜粋   

バーソロミュー著/ヒューイ陽子訳 マホロバアート

 

 

 

 

 

 

*私の本質、ハートを頼みに自分で確かめよう〜

空のお茶会〜バーソロミューと共に。

 

11月12日(日) 14時頃から16時頃まで

 

参加費は2000円(お茶とおやつ付き) 当日参加も大歓迎〜♪

 

 

*「自己の本質」とは・・・ 気づきの注意は、根源に向ける。

伊東充隆 主宰  第5回 青空禅塾

 

12月3日(日) 13時から17時まで

 

お申し込みは青空禅塾と書いて、こちらからどうぞ→

 

 

5年の愛。

 

 

★気づき→注意を向けた先→意識。

 

伊東先生の青空禅フォーラムをはじめ、主催者という名の裏方をやらせていただいて、そろそろ5年が過ぎて行きます。(先生の会に通ってからはもっともっと長い)

 

・・・ということは、プロトマニアも5歳。

 

プロトマニアは、自己の本質について思う存分に探究してそれを追求する場として、ノリでスタートしましたが、本質とは、追い求めた先のどこかにある訳ではないことを知り、どのような態度でいることかを知り、在り方を知り、終わりも始まりもないことを知った。そして、その知ることも分かることもないそれへの入口として、ただ在り方を整えます。この自分ができることはそれだけで、止むことなく。忘れたら思い出して、無心の一呼吸。

 

あとの自分は、まずは身近な人々、コトゴトを大切にし、余計な意図を働かせず、丁寧に暮らそう。

 

明晰さというのは、逃げ道を作らないことであると聞きました。厳しい。「不変なるもの」とは、知ることも見ることもできない認識できないそれ。そんなそれに誠実に在ることを貫くには、明晰さが必須で想像していたよりもはるかに厳しい。が、厳しいと同時に温かく、知的な在り方だと思う。それとは「愛」とも呼ばれる無分別だから。

 

プロトマニアが生まれてくれて、本当によかった。いろいろなことは相変わらず起こるけれど、誰もがいつだってベストを尽くしていて、今が一番若いのと同じように(笑)、今が一番、幸せなのだ。

 

突然、ワケも無くふわっと感謝に充ち満ちる、5年の愛の贈りもの。

 

 

カカオ。女子力アップだって。

 

 

*私の本質、ハートを頼みに自分で確かめよう〜

空のお茶会〜バーソロミューと共に。

 

11月12日(日) 14時頃から16時頃まで

 

参加費は2000円(お茶とおやつ付き) 当日参加も大歓迎〜♪

 

 

*「自己の本質」とは・・・ 気づきの注意は、根源に向ける。

伊東充隆 主宰  第5回 青空禅塾

 

12月3日(日) 13時から17時まで

 

お申し込みは青空禅塾と書いて、こちらからどうぞ→

 

 

 

 

 

 

助けを借りる 〜Do you need a hand ?

 

「あなたは、一番でいたいですか? それとも全体でいたいですか?」

 

この問いには「全体!」と即座に言うでしょう。だって、私はずーっと青空禅やバーソロミューを友に自己の本質を求めてきたのですもの。

 

でも・・・ふとした時、計らずも見えてしまいました、まだまだ「一番でいたいで〜す♪」という微笑ましい自分。・・・いるいる・・・。

 

その自分は、理想と努力の正反対。だから、これまでは即座に、いっかーん!と否定、その自分にはフタをしていた。でも今はちょっとだけ違います。健気で可愛らしく一番になりた〜いって、ま〜だ言っている(笑)自分を、まずは見て、まだいることを認めてあげる。つまり、もう抵抗しません。

自分ではクリアになっているつ・も・り、のことは、いつだってひっくり返ります。だからあまり厳しく、真面目になりすぎないで余白を残しておく。きゅうきゅうと詰めずに力を抜いて。そして、正直になった方が、ずーっと楽チンなんです。

 

今年、学んだなぁと思うことがひとつあります。それは、

 

「助けは借りよう」

 

ということです。何事も、自分でやらなきゃ、自分でやれる、自分はやれる、だって当然自分がやるものでしょ、みたいな思い込みで一人でグングンがんばるのをすっかり止めました。

 

誰かの手を借りる、委ねる、お任せする、ということの意味と味を学びました。

 

考えたら、仕事場ではみんながいるから仕事が廻って運営されています。それぞれの人が得意なところを出し合っていて、私は責任者だけれど、ちょこちょこ叱られるし(笑)、みんなを頼っています。

母のケアは、人の手と目が増えたことで得られた安心と安定があります。ヘルパーさんや訪問看護師さんを頼っています。

プロトマニアでは、青空禅なら事務局のRちゃんが遅刻魔の私を手伝ってくれるし、絵画入門や空のお茶会では参加する友人たちが人集めや当日の後片付けを手伝ってくれたり、その場の参加者の方たちが自然に協力してくれます。

 

子どもの頃から甘ったれだったので、人に頼っていはいけない!依存してはいけない!強く在らねばならぬ〜という強迫観念があり、独り相撲が取れるくらい一人でがんばっているつもりの時もあったのです。でも、依存せずに頼ればいいんです。

 

そして人に頼れるようになると、とても楽チンでふわっとします。何よりも、ありがたや〜と感謝もひとしおになり、笑顔でいられます。

 

 

ということでね、私とは何か?という本質についていろいろ読んだり聞いたりワークしてみたけど、壁にドーンと立ち塞がれていたら、青空禅塾の伊東先生を頼ればいいし、空のお茶会に来て弱音をはいてみたらいいと思うんです。タクさんのブログにメッセージを送ってもいいし、会ったこともなくたって、これぞ!という人を見つけたら思い切ってメールすればいいと思います。

 

助けを借りることって、本当にだいじなことだなぁって実感しています。

 

一番は全体あっての、一番なんです。全体がない一番なんてないものね。

 

 

朝の習慣、台所のすみっこでお茶をシャカシャカ点てて飲む、朝抹茶。

 

 

*私の本質、ハートを頼みに自分で確かめよう〜

空のお茶会〜バーソロミューと共に。

 

11月12日(日) 14時頃から16時頃まで

 

参加費は2000円(お茶とおやつ付き) 当日参加も大歓迎〜♪

 

 

*「自己の本質」とは・・・ 気づきの注意は、根源に向ける。

伊東充隆 主宰  第5回 青空禅塾

 

12月3日(日) 13時から17時まで

 

お申し込みは青空禅塾と書いて、こちらからどうぞ→

 

 

伊東先生、青空禅塾っていいですね!「汝自身を知れ」の巻。

2017.11青空禅塾

 

昨日は、伊東先生の青空禅塾でした。

 

 

青空禅塾って、いいですわ〜

 

 

それはね、真我、仏性、キリスト意識、非二元、悟り・・・・・そんなことを求めて学んだ人たちにとって、ここは知識を増やす場ではなく、確認したり、自覚したり、他者がいてくれることで気づいて行くことができるライブの場だからです。

 

いくら本で「私はいない」と読んで知っても、いくら誰かさんが「宇宙のなかにあなたがいるのではなく、あなたの中に宇宙があるのです(キラキラ)」なんて素敵に言っても、「無〜〜〜〜」とか「空〜〜〜」とか「廓然無聖!」と呪文のように唱えてみても、それ、ホントにあなた、そうですか〜??

 

昨日、伊東先生が最初にお話したことは、

真我の理論を増やすより、本当に本当に実践するならば、

 

思考を減らすこと

 

これ。

青空禅塾で言われる雲(思考・気分・感情・記憶などなど)、その余分な雲を増やさない。未来や過去に飛んで、余計なことを考えない。(もちろん、必要な思考はそのままどうぞ)そして、無自覚に雲を増やす自分のクセやパターンを知っておきなさいって。基本中の基本はこれ。地味だけど基本。

 

そして、

 

「『私はいない』という究極論に走らず、今あなたがリアルだと現実を感じているそこから、一歩ずつはじめましょう。聞いたこと読んだことの理論に飛ばないでこの世界は夢だ錯覚だ!で簡単に片付けずに、そのあなたの今のリアルからです。つまり、たとえ雲と言えども知る必要があるんです。」

 

 

 

汝自身を知れ。

 

 

わからな〜い、いや〜な感じ(抵抗感!)も、青空禅塾に参加した方は、素直にイライラしながら、イライラ感じたままでした。そこを、イライラなんてしてないわよ〜っとごまかさず、ここではイライラしてもいいんだもの。なんて素直で真摯なんでしょうね。そんな皆さんと一緒に参加していると、自分の今のリアルがちゃんと見えて来ます。当り前のことを、当り前に見る。

 

2017.11青空禅塾伊東充隆

汝自身を知れ。

 

 

さて、次回は2017年のしめくくり。

 

第5回青空禅塾は、

12月3日(日) 13時から17時 開催です。

 

 

 

 

青空禅塾

(事務局の私は昨日はとってもボ〜ッとしていました。せっかく用意したこのオサレな薔薇と紫陽花も家に忘れてしまいましたが、力抜けててよかった。)